古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

光の奈良

新しい光のイベント、なら瑠璃絵へ。
春日大社参道からぐるっと回廊になっています。
まずは一ノ鳥居をくぐり、万燈籠エリアから。
d0105133_1673120.jpg
d0105133_1681060.jpg
お旅所には大きな竹のオブジェ。
d0105133_1684758.jpg
燃える火の周りにはなぜか人が集まってくるもの。
篝火にあたってかじかんだ指をあっためてと。
さらにどんどん奥へ。
d0105133_16114117.jpg
横の木立から綺麗な青い光が洩れてくるのが気になるけれど、ひとまずはまっすぐ。
万葉植物園をすぎた辺りからは急に道が暗くなります。
前を歩く人影もあいまいなほど。
d0105133_16203482.jpg
ぼや〜んと人魂のように浮かぶ、石灯籠の灯りのみ。
こうやって見ると灯籠には高さがいろいろあるんですね。
d0105133_16212889.jpg
中は今でもちゃんとろうそく。
d0105133_16225067.jpg
春日大社本殿までたどりついて特別拝観中の釣灯籠も見てきましたが、その様子はまた後日改めて。
(拝観は500円、20:15までに入らないといけないのでご注意を)

参道を折り返し、ちらほらと見えていた青い光をめざします。
d0105133_16294487.jpg
d0105133_1630637.jpg
わあ、キレイですよこれは。
樹と樹の間に、しずくが流れ落ちるような演出。
前日も初日も雨だったから準備が大変だっただろうなあ。

最後にメイン会場、東大寺前の浮雲園地へ。
d0105133_1633434.jpg
d0105133_16333133.jpg
d0105133_16334417.jpg
これまた見事〜。
素直に感動しました。
正直、こんな寒い時期にどうだろうと思っていたんですけれど、澄んだ冬の夜に瑠璃色の光がしっくり。
美しいものを見て嫌な気持ちになるわけないですものね。
予想していたよりもずっと素敵なイベントでした。
d0105133_16422481.jpg
突然の人の多さにとまどう鹿たちも、奈良鹿のことですから。
すぐに慣れてくれることでしょう。

ぐるっと回ろうと思うとけっこう歩くことになるので、寒さはそう気になりません。
私が歩いたコースとは逆に、先に華やかなメイン会場を見てからしっとりと万燈籠の参道を歩いて帰るほうが余韻があっていいかも。

なら瑠璃絵は2/11〜14(日)まで。
点灯時間は17:00〜21:00。
明日が最終日です。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-02-13 16:59 | 奈良