古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

まろきはしらの大寺へ その1

お寺に好き嫌いがあるのも不思議なものだけれど、唐招提寺は、最初に訪れた時に「あ、ここはなんか好き」と思ったものでした。
すぐお隣の薬師寺よりもずっと好き。
それなのにどうしてこんなに間があいてしまったのか。
実に20年ぶりの再訪であります。
d0105133_21124957.jpg
広い境内は伸びやかで、のどかで、威圧感がなくて。
d0105133_21174610.jpg
緑に覆われた小径が気持ちいい。
d0105133_21195277.jpg
池の亀も、もはや泳いでさえおらず。
あるかなしかの波紋に流されるまま脱力してボケ〜ッと漂ってます。
周りに巨大おたまじゃくしがスイスイしているのも気にならないよう。
d0105133_21312267.jpg
d0105133_21314048.jpg
土塀もたくさん残っています。
穿たれた穴から見えている向こうの緑は、
d0105133_2132720.jpg
鑑真和上御廟前の苔の庭。
つやつやしてビロードみたい。
d0105133_21343020.jpg
d0105133_21344651.jpg
たくさんの人々の、鑑真和上への深い敬愛の想いがこの静かで美しい墓所から感じられます。
d0105133_21435637.jpg
d0105133_21441388.jpg
またしばし緑の小径をゆき。
気づいたことは、このお寺は整備されすぎていないのがいいんだな、ということ。
土塀に崩れた箇所もあり、雑草の生い茂る場所もあり。
池の周りにも過剰な囲いなどがなくて。
でも荒れた印象はまったくないんです。
すべてが自然。
整然とととのえられた空間が心地よいとは限らないのですね。
商売気がないのか、案内板や説明書きがほとんどないのもまた好ましい。
お寺が商売気丸出しでどないすんねん、と思いますもん。

さてこの時期に唐招提寺へくるということは、お目当てがあるわけです。
難しい漢字を書くあの花の、気になる開花状況は?
明日に続く。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-04-30 22:07 | 奈良