古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

まろきはしらの大寺へ その2

この時期の唐招提寺は、瓊花(けいか)がちょうど見頃です。
d0105133_15225346.jpg
鑑真和上の故郷の名花。
ガクアジサイに似た感じだと聞いていて、それはその通りなのですが。
d0105133_15275930.jpg
こんなに背丈があるとは思ってなかったな〜。
一番大きい樹で3メートル近くあったでしょうか。
花も上から下までたくさん咲いていて、見事でした。
今年は5/5(水)まで一般公開されるそうです。
d0105133_15342459.jpg
さてまたまた緑の小径を散策。
d0105133_15363020.jpg
d0105133_15365324.jpg
d0105133_15371915.jpg
d0105133_15381896.jpg
もしかして一番いい時期に来たのかも。
どちらを向いても、瑞々しく美しい眺め。
松尾芭蕉が鑑真和上坐像を拝し「若葉して 御目の雫 拭はばや」と詠んだのもきっとこの季節だったのでしょうね。

詠んだといえばこちらも。
d0105133_1547505.jpg
会津八一の歌碑もひっそりと。
d0105133_15502584.jpg
八一のうたった「まろきはしら」にそっと触れてみれば、たしかにふっくらとして。
あたたかい手触りでした。
d0105133_1652162.jpg
d0105133_1653376.jpg
d0105133_1654776.jpg
d0105133_22273399.jpg
瓊花といい、芭蕉の句碑といい。
唐招提寺に行かれるなら、この時期が一番いいように思います。
ひと雨ごとに緑が深くなる、ちょうど連休の頃。
心穏やかに、そして心豊かになれること、請け負います。

最後におまけ。
門を出て、真正面の売店。
d0105133_22284193.jpg
d0105133_22285393.jpg
松が・・!
[PR]
by nara-chirindo | 2010-05-01 22:30 | 奈良