古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

店主代理おすすめ本11『ちくま 文学の森』

久々に、ちゃんと本の話題です。
アンソロジーって皆さんお好きですか。
私は、ひとつひとつの印象が薄くなってもったいないような気がするので、最近はあまり好まなくなってきています。

でもこんな作品集なら話はまた別です。
これ、なかなか楽しそうなのですよ。
d0105133_2092780.jpg

『ちくま 文学の森』 1988年 各400円
 安野光雅・森毅・井上ひさし・池内紀 編

1 美しい恋の物語/2 心洗われる物語/3 幼かりし日々/4 変身ものがたり/5 おかしい話/6 思いがけない話/7 恐ろしい話/  8 悪いやつの物語/9 怠けものの話/10 賭けと人生/11 機械のある世界/12 動物たちの物語/13 旅ゆけば物語/14 ことばの探偵/15 とっておきの話/別巻 もうひとつの話

各巻のテーマに沿って、古今東西の小説・評論・詩・落語にいたるまでの文藝作品を選び抜いたアンソロジー。

3巻、6巻、12巻、別巻は欠けていますのでバラ売りしています。
ご自分の興味のあるジャンルの巻だけひょいひょいと抜いてくださっても、十分読み応えがあると思います。
今まで興味を持ったことのない作家の作品にも、ついでのように触れられるのがアンソロジーの良いところですね。
選択が本当に多岐に渡っていて、編者も相当楽しんだんだろうなということが伝わってきますよ。

 
[PR]
by nara-chirindo | 2007-05-12 20:13 | 店主代理おすすめの一冊