古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ダメ出しの日

さて、遊んでばっかりもいられず。
今日は一週間ぶりの店番でした。
でも久しぶりだったからか何なのか、いろいろとうまくいかない一日になってしまいました。

折口信夫の『死者の書』がないかと聞くお客さんに、あれはたしか岩波文庫だったかなと棚を探しかけると、別のお客さんが「中公文庫で出てるはずですよ」とご指摘。
それだけでもかなりの失態。
結局うちにはなかったのですが、店を出たところでそのお客さんが「すぐそこの朝倉文庫さんは中公文庫が多いから置いてあるかも」と教えてあげているのが聞こえました。
・・・いいんです、いいんですけど。ちょっとヘコみました。

『死者の書』。高校生の時、国語の先生が一番好きな本だと言っていたので興味を持ち、私も読んだんです。それなりに印象に残ってる本なのに、うまく対応できなくて残念無念。。。
せめて自分で、その本ならあの本屋さんにありますよ、とちゃんと言えればよかったのですが。

さらに目の前にある本に気付かず無いと言ってしまったり、外国コインのセットの袋が破れてて1枚取りこぼしたまま渡そうとしてしまったり。
買い取りがあっても勘が働かず適正な値段を付けられなかったり。

店番として、ダメダメな一日。

帰り道も今日の失敗が頭から離れず、ぼーっとしちゃって。
こんな時に車の運転をすると危ないんでしょうね。
よろよろと自転車を漕いでいたら、急坂の真ん中で電動自転車のバッテリーが切れてしまいました。
重いんですよ〜あれ。
きわめつきのダメージでした。

もうこんな日は家でおとなしくしときます。

明日からはもうちょっとシャッキリしよ!
[PR]
by nara-chirindo | 2007-05-15 16:46 | 智林堂にて