古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

酒仙堂さんの謎

今日も店番の後はいつものコース。
奈良町の古本屋さん、酒仙堂へ。
なぜか寄りたくなってしまうお店。
用事がない日でもついふらふらと。
その吸引力のなぞが解けました。

江戸時代にこの近辺の人々の集会所、および自治の拠点と定められ、時には酒盛りもあったという「薬師堂郷」。
それがまさに、現在酒仙堂さんのある場所だったんですって。
な〜る〜ほ〜ど〜!
人が集ってきてお酒を酌み交わす、そういう磁力があるわけです。
そりゃあ今日もまたまた酒盛りになったって仕方あるまい、と。
いつもごちそうさまです。

ご店主の高校時代の恩師もいらっしゃって、面白いお話も聞けました。
むか〜し京都の古本屋では、見込みのある若いお客さんには「あんさんの勉強になるんやったら」とお金を取らないこともあったとか。
この道70年、とおっしゃるだけあって、奈良、京都、大阪の古本事情は知り尽くしていらっしゃるよう。
智林堂にもよく来ていただいているのです。
うちみたいに新参の古本屋は、こういうお客さん方に育てていただかなくては。

こんなにいろんな年代の方と同じ場でくつろいでお話させていただくことなんて、普通はなかなかないと思うんです。
得難い時間、貴重な場所です。
本好き、奈良好き、物好きな皆さま。
週末は現代の薬師堂郷、酒仙堂さんでお会いしましょう。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-03-23 22:05 | 智林堂にて