古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お宝?色鉛筆 

先日古本を買い取った時に、こんな物ももらってきたのでした。
d0105133_21562948.jpg
かなり古そうな色鉛筆。
中身は使いかけの3本だけ。
まあちょいと面白かろうと店に置いてあるのです。
意外とお客さんの目に留まるようで、時々「これはいつごろの・・?」と尋ねられます。
本と違って発行年月日が書いてあるわけでもないので、はっきりとはわからない、と答えていました。
戦前、昭和初期ぐらいかと。

しかしですよ。
店主が「大正、いや明治の可能性だってあるかもしれん」と言い出したのです。
まっさか〜と思いながら調べてみたら、
d0105133_2275153.jpg
現在の株式会社三越が、三越呉服店と名乗っていたのは明治37年から昭和3年までなんですって。
あり得る。。。
明治大正、あり得ますよ。
少なくとも昭和3年以前なのですね。
よくぞ今まで残っていたもんです。

東京方面へ仕事で出かけたお父さんが、子供へのお土産にしたのかな。
その子は喜んで大事に使ったんだろうな。
赤や青は使い切っちゃったのかな。
なんて、想像もふくらもうというものですわ。

高級なお宝、骨董品などよりも。
かえってこういう身近な物の方が、かつてこれを実際手に取った人がいたのだということがリアルに感じられますね。
そんな、古い物がお好きなかたにぜひ。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-05-27 22:53 | 智林堂にて