古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初夏の鹿寄せ

飛火野の鹿寄せといえば、奈良の冬の風物詩。
あれは無料で見学自由なわけですが。
個人的に鹿の愛護会へ申し込めば、好きな時に実施してもらえるということはあまり知られていないのではないでしょうか。
有料です。
ちとお高いです。(2まんえん。。。)

ああいうオープンな場所なので、申込者以外は閉め出されるってことはないですよね。
たまたま通りかかったりしたらラッキーですね。
というわけで、今日は個人鹿寄せに便乗させてもらってきました。
d0105133_21143425.jpg
d0105133_21145726.jpg
d0105133_21151332.jpg
便乗者にしては、あつかましく近寄りすぎていることがバレてしまう写真ですな。
d0105133_21164390.jpg
d0105133_21165990.jpg
あの黒いのは何ぞ?と思ったら、ホルンのケースでした。
前までこんな物はなかったような。
新しいホルン、買ったのかな。
戦時中からの古いものを使っていると聞いたことがあったのですけどね。
d0105133_2122251.jpg
バンビちゃんはまだ怖がって近付いてこないらしく、一匹も姿が見えませんでした。
鹿寄せ慣れした大人の鹿ばかり。
愛護会のお兄さんの解説によると、今の時期はこの角にも血液が流れていて、ケガをすると血が出るんですって。
さわるとあたたかいんですって。
秋には血液は止まり、枯れ角となり、早春にはポロリと抜け落ちる、と。
ほほぉ〜。
またまた便乗者の立場を忘れて聞き入ってしまった。

ちゃんと正規の料金を払われたお客さん、愛護会のお兄さん、すみませんでした。
追い払われたりイヤな顔をされたりしてもおかしくなかったのに、見逃してくださってありがとうございます。

ちとお高いとはいえ、大勢で申し込めばまあ何とかなりそうなお値段。
個人鹿寄せに興味のおありのかたは鹿の愛護会までお問い合わせを。
またまた私がひょっこり混ざっていても、どうか見逃してくださいまし。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-06-29 22:00 | 奈良