古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

危険な夜

つい今しがたの出来事。
うちの犬が突然激しく吠えだしたわけです。
あれ、また2日前のブログと同じような話・・?
いやいや。
今回はほのぼの系ではございませんので。

どうせ大きめの虫か蛙でも見つけたんやろ、としばらくほっといたけれどいつまでたってもなきやまない。
仕方なしに様子を見に。
「何か、何かあやしいもんがおるの・・!」と一生懸命訴えてきます。
「ここか?この辺やな?」
「ちがうねん。こっちやねん」
と言葉が通じる不思議はさておき。

犬小屋をずらしてみて、そこに見つけたものとは。
マムシ。
小さめサイズとはいえ、マムシですよ皆さま。
とぐろ巻いてるんですよ。
しっぽを小刻みに震わして威嚇してるんですよ。

鹿に始まり、猪、イタチ、石亀、昆虫各種、いろんな生き物が出没する庭ではありますが。
堂々の危険度ナンバー1でしょう。
そりゃあ犬も吠えるわ。

でもこのマムシ、意外とおとなしかったです。
全然攻撃的な感じじゃなくて、動きも鈍くて。
だからといって見逃すわけにはいかず、暴れる犬を押さえつつ、すったもんだのうえ無事捕獲。

ゴキブリを引っぱたく瞬間なんかもそうだけど、こういう時ってほら。
血圧が一気にあがるような。
アドレナリンがドバ〜ッと分泌されるような。
ある意味、ハイな状態に。
で、今はその反動。
ボケ〜ッと弛緩しています。
力が抜けた、気も抜けた。。。

結論としては。
犬の必死の訴えは聞いてやった方がいい、ということを学んだ夜でした。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-08-27 23:30 | 我が家