古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

極秘任務

今日は久々の買い取り。
あまり大っぴらには言えないのがつらいのですが、とある公共機関からお声をかけていただいたのでした。
公共機関同士の蔵書交換会というものがあるんですって。
その会が終わった後、残った分を引き取ってほしいというお話。
なぜうちをご指名なのかはわかりません。
はっ、もしやブログ効果??

個人のお宅での買い取りとはいろいろと勝手が違いました。
まずは約束の時間に職員専用入り口へ。
いっけん普通の自動ドアのように見えて、内側からしか開かない仕組み。
警備員さんにチェックを受け、しばらく待たされたのちようやく中へ。
バックヤードと言うのでしょうか。
一般利用者のいる空間の裏をぬうように通路があります。
「関係者以外立ち入り禁止」と書かれたドアをくぐって書庫へ。
写真はちょっとまずかろう、と遠慮して一枚も撮っていないので言葉でお伝えするしかないのですが。
すごい部屋でした。
高さは天井まで、奥行きも相当のごっつい書棚が、ハンドルを回すと左右に移動するようになっていて。
いいな〜あれ。
d0105133_2151585.jpg
引き取り分は結局ダンボール9箱ほどになりました。
後ろも見えるし、これぐらいなら私の老車もまあなんとか。

そのダンボールなんですけどね。
d0105133_2153610.jpg
先方で用意してくださった物。
底には切れ目がなく、上がパカッと開閉できるタイプ。
ガムテープいらず。
持ち手になる穴もちゃんとあるし、いっぱいに詰めればちょうど持ち上げられるぎりぎりの重さになるし、使いやすいんです。
横に文書保存用と書いてありました。
なんにでも専門のモノがあるんですね〜。
店主とふたりで感心してしまいました。

今までに知らなかった世界を垣間見ることが出来たし、適度な肉体労働もたまには心地よいもの。
今夜はビールがひときわおいしかったです。
で、どんな蔵書を手に入れたのか?
それはまた近々、店頭でお確かめくださいませ。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-09-11 22:20 | 智林堂にて