古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

国宝の楽しみ方

これも昨日の話です。
抜けるような青い空に後押しされて、やっとこさ行ってまいりました。

興福寺国宝特別公開2008(10/18〜11/24)

本来、年に1日しか開扉されない南円堂。
今年は特別に1ヶ月以上にもわたって公開されて、しかも五重塔の内部(初層のみ)にも入れるのだとか。
そりゃ奈良っことしては行かねばなるまい。
意気込んでいたわりには会期ギリギリになってしまいましたけどね。

d0105133_22145333.jpg
初めて入った南円堂。
中は意外なほど天井が高くて、立派なお堂でした。
厚い熱い信仰の思いが封じ込められているような。
静かな風が吹き抜ける北円堂とは、またひと味ちがう雰囲気。
d0105133_22152899.jpg
d0105133_2222982.jpg
五重塔の中も初めて。
こちらはだいぶ狭くて薄暗いです。
奥に見えるは急な階段。
のぼらせてもらえないのはわかっていたけど、のぼってみたかった〜!
ね、naraclubtsushinさん。
いつかそういう機会が訪れないものか。

d0105133_22293852.jpg
東金堂と、ついでに国宝館にも。(国宝館は別料金がかかります)
見物のおばさまがたが阿修羅像をみて「いや〜ん腕ほっそいわあ」。
う、確かに細いわ・・と思ってしまったのがこの日一番の印象としてインプットされちゃいました。
おばちゃ〜ん。。。

実のところ、私は特に、お寺や仏像が好きだというわけではないんです。
どこどこのご本尊がどうの、と言われてもまずお顔が覚えられないし。
ただ、たとえば白鳳時代だとか、そんなにも古くに作られたものがいま自分の目の前にある、という不思議さを感じるのが好きなのです。
仏像を拝んでありがたやと思うより、それを実際に彫った人、あがめた民衆、大事に祀ってきた僧侶、そういう人達の姿や心情をありありと想像してみるのが好きです。
バチ当たりな楽しみ方なのかもしれませんね。

国宝特別公開は24日、今度の月曜日までです。
南円堂、五重塔初層、東金堂の共通拝観チケットは大人1000円。
国宝館は団体割引が適用されて500円のところ400円。
めったにない機会ですので、よろしければぜひ。
みなさま、それぞれの楽しみ方をなさってくださいませ。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-11-21 23:13 | 奈良