古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽しいお出かけ その2 フトルミン編

奈良乙女'S、再結集の日。
奈良倶楽部さんにお誘いいただき、大変貴重な体験をしてまいりました。
貴重すぎて怒濤の大量写真になってしまいそうですが、よろしくおつきあいくださいませ。

「フトルミン」という飲み物をご存知でしょうか。
ネーミングがすばらしいですね。
大正期から昭和50年代まで製造販売されていた、乳酸菌飲料。
その工場跡があるのですよ。
ほぼ当時の姿のままで。
一般公開されているわけではないので、場所はちょっとぼやけさせていただきます。
だいたい東大寺のあたり、ということで。(広っ)

私はおまけで連れて行っていただいたようなもので、今回のメインゲストはたーさんのお母様。
幼稚園児の頃にフトルミンを飲んだことがおありなのだそうです。

ではでは奈良乙女4人が揃ったところで、お邪魔いたしま〜す。
d0105133_2044096.jpg
案内してくださるのはご当主Kさん。
おじい様の代まで操業されていたとのこと。
まずは研究室へ。
d0105133_20501877.jpg
d0105133_20504995.jpg
d0105133_2051944.jpg
d0105133_2054051.jpg
ラベルや宣伝文なども鮮明に残されています。
フトルミン、おならの臭い人におすすめだそうですよ。
腸内環境を整えてくれるのですね。

では工場内探索へ。
d0105133_20563716.jpg
d0105133_20565432.jpg
d0105133_20571856.jpg
d0105133_2171250.jpg
d0105133_21125375.jpg
窓から差し込む光がなんとも優しい。
木造の古い校舎のような雰囲気もある、広い広い空間。
その中で、今は静かに眠りにつくかつて最先端だった機械たち。

と、ノスタルジックな方面にひたる奈良倶楽部さんと私。
しかしたーさんは違った!
たーさん、機械ものが好きなんですね。大好きなんですね。
あの配線は、あの構造は、と瞳がきらり。
d0105133_21134739.jpg
どでかい動力元に夢中。
ふらふらと吸い寄せられてゆく理系少年たーさん。
d0105133_21145140.jpg
でも梯子は苦手。
「きゃ〜☆」と乙女に(一瞬)戻るたーさん。。。
d0105133_21171716.jpg
どうも、お母様もお好きみたいですね。
血は争えぬ・・?
d0105133_21205033.jpg
通路に出ると雪が舞っていました。
寒さも忘れていた1時間。
当主ご夫妻のご好意に甘えさせていただいて、じゅうぶん満喫いたしました。
Kさん、奥さま、ありがとうございました。
お声をかけてくださった奈良倶楽部さん、ありがとうございました。
そしてたーさん。
頭の回転のはやいお人やとは前々から思っておりましたが。
博識で、物の見方が鋭い。
今日は惚れ直しました。
貴重なお話をしてくださったお母様にもよろしくお伝えくださいませ。

そんなこんなで、充実の楽しい一日。
さあ明日は朝から買い取り業務です。
仕事しよ仕事!
[PR]
by nara-chirindo | 2009-02-17 21:57 | 奈良