古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ヶ瀬梅渓へ!

ちょっとした遠出気分も味わえて、実はそんなに遠くない。
奈良三大梅林のひとつ、月ヶ瀬へ行ってきましたよ。
d0105133_19413379.jpg
晴れたかと思えばすぐ暗くなる空。
さすが、山の天気は変わりやすい。
一瞬雪もちらつきました。
山の中腹ぐらいまで車でのぼり、あとは歩き。
お土産物屋さんが軒を連ねています。
d0105133_19475769.jpg
d0105133_19481228.jpg
お漬け物や梅加工品などいろいろ。
自家製だからお店によって味が違うんですって。
ちょこちょこと試食もできるしお茶もふるまってくれるし。
なんだか楽しいんです。
お土産は帰りに買うとして、まずは一番見晴らしのいいところへ。
d0105133_1950439.jpg
d0105133_1952378.jpg
梅の薫りはプンプンと匂ってくるのではなく、風向きによってふと香るから奥ゆかしいですね。

月ヶ瀬梅林、範囲が広くて全部見て回ろうと思うとかなり歩きます。
途中にはつやつやと美しい茶畑がひろがっていて、
d0105133_1956640.jpg
d0105133_19565314.jpg
このすきまにそっと入ってみたり。
地面がふかふかしてました。
いい土なんでしょうね。
d0105133_2021086.jpg

d0105133_2035147.jpg
d0105133_2025250.jpg
白やピンクがぼんやりと山の緑にかすんで。
桃じゃないんだけれど、桃源郷と言いたくなる景色でした。

名残はつきねど、なんせ寒いので。
山をくだってお昼ごはん。
たまたま目について入った食堂にて。

「えっと、天ぷらそばをください」
「天ぷら?いま野菜しかあらへんねんわ。うちはしし肉がうまいでぇ」
「はあ」
「大阪から来る人でもみ〜んなしし肉って言わはるでぇ」
「・・じゃ、ししそばで」
「今日はそばはあらへん、仕入れてへん。ししうどんにしとき。ええか」
「・・はい」
d0105133_20113157.jpg
おいしかったから、まあいいようなもんの。
おっちゃん、ししうどん以外は出す気なし?
というか、それ以外なかったとか??
えらい商売するわあ。

気を取り直してお土産選び。
d0105133_20192945.jpg
手のひらサイズの盆梅なんかもかわいくて。
d0105133_20191367.jpg
でもすみっこにひとつだけ置いてあった、ふきのとうにくぎづけ。
300円なり。
家の庭で増えてくれないかな〜。
あっこんなおいしそうなもの、鹿に食べられるやんか。
しまった忘れてた。
また囲いを考えねば。

そんなこんなで、予想以上に面白かった月ヶ瀬。
まだ7分咲きぐらいでしたから、あとしばらくは楽しめると思います。
周辺の道の案内があまり親切じゃない気がしたので、よく下調べしてからお出かけになるほうがよろしいかと。
上まであがってゆくと有料駐車場(700円〜)があります。

月ヶ瀬梅林の起源や激動の歴史については奈良検定のカリスマtetsudaさんのブログ日々ほぼ好日にとてもくわしく書かれていますので、ご参考になさってくださいませ。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-03-03 20:51 | 奈良