古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

古本屋、古本屋でくつろぐ

本日のお客さん。
開口一番、「もうかりまっか?」
そう聞かれちゃあ、ね。
なにわの商人でもなんでもないんだけれど、私も一応は関西人。
答えかたはひとつ。
「・・ぼちぼちでんな?」

「ありがとう?」とくれば「浜村淳です」。
こちらは先人の統計調査済み。
関西に存在するお約束の数々。
店番中も気が抜けませんわあ。やれやれ。

そんなミッションも無事こなし、今日の店番後は久々の酒仙堂へ。
ならまちのオアシス的古本屋さん。(営業は土日祝のみです)
畳の部屋にあがらせていただいて、ふぅ、脱力〜。
このお店にはいろんな人が自然と集ってきて、お互い親しくなれるのが何よりの特徴。
間をうまく取りもってくださる酒仙堂ご主人のお人柄があってこそ。
今日は黒滝村で木こりをされているというかたとお目にかかりました。
お土産の黒滝こんにゃく。
d0105133_20535469.jpg
これがまた、大きい!美味!お酒に合う・・!!
ごちそうさまでした。
d0105133_20574694.jpg
智林堂の常連さんと酒仙堂で鉢合わせすることもままあるけれど、それは別に全然気まずくないんです。
古本屋同士、そしてそのお客さん同士で交流できることの幸せ。
ありそうでなかなかない貴重な空間。
酒仙堂さん、いつもありがとうございます。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-04-12 21:23 | 智林堂にて