古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あふれる愛 田川カレー

炎天下の本日、正午少し前。
d0105133_2145761.jpg
東大寺北側の「きたまち」エリアに、奈良ブロガー乙女部の面々が続々と集結。
目指すは田川のカレーです。
あちらこちらから噂が入ってきて、一度は行ってみたい!でもひとりではどうも行きにくい!!という常々の思いが全員一致したところで。
間髪いれずにGO!
d0105133_2118291.jpg
d0105133_21181767.jpg
d0105133_2120283.jpg
いい店構えだ〜。
おそるおそるのぞいてみてびっくり、ほぼ満員。
しばらく外で待つことに。
d0105133_2121183.jpg
d0105133_21211640.jpg
田川の入る建物自体もすごいです。レトロ。
横っちょの風情ありげなドアは何かな〜と思ったらトイレでした。

さて結局少し詰めていただけることになって、入店。
10人も入れば一杯になる店内、他のお客さんは男性ばかり。
でもそう場違いな思いもせずにすんだのは、店主のおじちゃん、おばちゃんが温かく迎えてくださったから。
たちまち馴染む、くつろぐ乙女たち。

ここのカレーの何が有名って、その量の多さなのです。
「小」でもまだ多いから、「半分」と頼むのがいいみたい。
しかしひとりだけ果敢なチャレンジャーが。
「中」と来た。よう言うた。
中とはつまり、普通サイズのこと。
田川の普通量とはこれだ!
d0105133_2132091.jpg
ドーーーーーーン。
あふれそうで決してあふれない、絶妙の盛り加減。
私は裏メニュー(?)の焼きカレー、半分を。
焼き飯にカレーがかかってます。
d0105133_21342079.jpg
また絶妙〜。表面張力の勝利。
d0105133_21351285.jpg
紅ショウガがたくさん入っていてピリ辛のおいしさ。

広くはない店内、他のお客さんの食べるものにも目がいきます。
後ろのお兄さんが頼んだ焼き飯。
d0105133_21412371.jpg
運ばれてくると、おお〜と賞賛の声。
すかさず「足らんかったら言うてや〜」とおじちゃん。
しかーし。
d0105133_21422364.jpg
「もう無理っす・・」
ええ〜〜!
根性なし、根性なしやと4乙女からブーイング。
「今度来る時まで冷凍しといたるわ」と、おばちゃん。
お客さん同士が自然に仲良くなって言葉をかけあう、和やかなお店。

ここまで書いておいてなんですが、ちょっとお断りしておきたいのは。
大食いチャレンジとか何分で完食すればどうとか、そういうがちゃがちゃしたお店ではないんです。
レトロで落ち着いた雰囲気の、由緒ある喫茶店なのです。
こんなにも量が多いのは、若い人にお腹いっぱいたくさん食べてほしいという、おじちゃんの愛。
応えられなくてごめんなさい。
ちょこっと残しちゃいました。
4分の1サイズなんてのがあればいいかなあ。
d0105133_2155227.jpg
ひっきりなしのお客さん。ご近所さんから配達注文も次から次へと。
地元の人に深く深く愛されるお店、田川。
きたまちの名店です。
ごちそうさまでした。
おつきあいくださった奈良倶楽部さんしをんさんたーさん、ありがとうございました!
[PR]
by nara-chirindo | 2009-07-13 22:18 | 奈良