古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:心( 36 )

もやもや

今日のお昼頃のこと。
木津方面で買い物をすませ、奈良へ帰る途中でした。
前を走る車が大きく迂回したのでなんじゃいなと思ったら、道路に鹿が、鹿が倒れている!
口からか頭からか、流れた血が飛び散って。
懸命に立とうともがくも身体は動かない。
交通事故にあった直後のようでした。
しかしそれらしい車は付近におらず、誰かが連絡している様子もなく。
ほっておいたらさらに道路側に動いてしまって、もっと大きい事故になるかもしれないし。
どどどどうしよう、と動揺しつつ、取り合えず車を路肩に停め、鹿の愛護会に電話してみました。
「木津で・・」と説明しかけると
「あ、当会は奈良のみの活動でして」と言われ。
「木津の市役所に連絡してください」とのこと。
もしもの時のためと愛護会の番号は携帯に登録してあったけど、木津の市役所なんてもちろん知るわけもありません。
無念、と思いながらその場を離れ。
だいぶ行ってからふと、あそこはもしかしてぎりぎり奈良市内だったんじゃないの?と気づく。
きっずふぉとんの交差点から水道局の前を通る道ですよ。
そうだそうだ、「ここから奈良市」の看板をちょうどすぎたあたり!
再び電話電話。
「あ〜じゃあ確認してみますね〜」との簡単なお返事。
あれ、くわしい場所とか状況とかは?
こちらの連絡先も聞かなくていいの?
まだ命があったから、できることなら早く助けてやってほしくて勢い込んで電話しちゃったけど。
ちゃんと行ってくれたのかな。

私のしたことはあれで良かったのか。
もっとできることがなかったかどうか。
なんだかもやもや。

それと、鹿のそばで車を停めている私に、過ぎ行く車列から浴びせられた好奇にあふれた目。
ああ私が轢いたと思われているのかと途中で気がついた。
じろじろ、じろじろと醜くてイヤな目だったな、あれは。
もやもやもやもや。

愚痴っちゃってごめんなさい。
でも心が晴れなくて。
あの鹿はどうなっただろう。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-06-10 16:42 |

あれから

d0105133_1056959.jpg
毎日のなんでもないことが、とても愛しいもののように感じる。
なにひとつ、あたりまえだと思っちゃいけないんだな。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-03-20 11:07 |

無題

安易な言葉は言えない。
この日本で、同じ国であれだけのことが起きているのに、ごく普通の日常生活を送ることができている自分。
考えれば考えるほど何も言えなくなってしまう。

せめて、せめて冷たい雨や雪が降りませんように。
助けを待つ人々がこれ以上凍えませんように。
春の陽ざしがほんの少しでも心と身体をあたためてくれますように。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-03-15 10:24 |

新年

あけましておめでとうございます。
d0105133_1636198.jpg
心配していたほどお天気も荒れず。
青空のお正月となりました。

今年一年もまた、晴れの日もあれば曇りがちの日も、時には大嵐の日もあることでしょう。
でも心だけはいつも穏やかに、あたたかく。
そんな一年となりますように。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-01-01 16:44 |

玄牝 げんぴん

観てきました。
d0105133_12304496.jpg

神聖なる母性。
あたたかさ。
誰ひとりとして例外ではなく、私自身もまた、大きな自然の中の確かなひとつであること。

全国公開されます。
劇場情報などはコチラをどうぞ。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-11-16 12:58 |

ありがたし

東大寺のほど近く、本格イタリアン「イルンガ」にて。
d0105133_2134675.jpg
d0105133_2144984.jpg
豪勢なお祝いをありがとう。

というわけで本日、風邪っぴきで冴えない体調ながらも誕生日でした。
37歳。
もうじきえらいこっちゃの大仕事が控えております。
楽しみでもあり、怖くもあり。
早く終わってほしいような、今のままでずっといたいような。
観念して流れに身をゆだねないとね。
気負うことなく、あるがままに、ね。
年明けのころ、皆さまに良きご報告ができますように。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-11-13 21:14 |

ありがとう

このところ気力体力ともにやや低迷中だった私を心配して、今日は友人たちが智林堂へ様子を見にきてくれました。
それぞれに心づくしの美しいお守りまでたずさえて。
お守りそれ自体も嬉しいけれど、私のためにと思ってくれたその気持ちが何より嬉しい。
ありがとう。
今日いただいた優しさは、胸のなかで大事に育てて、私もいつか誰かのためにわけてあげられますように。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-22 21:13 |

新年

あけましておめでとうございます。
d0105133_20182742.jpg
例年通り、大混雑の春日大社は避けて、近所のひっそり静かな神社へ。
誰もいないとは思わなかったけれど。。。
人が集まる大きな神社と両極端になるんでしょうね。
おかげでゆっくりお参りできました。

去年が去年だっただけに、ドキドキのおみくじは・・・「吉」でした!
やれやれ。
今年はなんとか平穏無事にすごせそうかな。

さあ、また新しい一年の始まり。
智林堂ともども、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-01-01 20:41 |

OLYMPUS PEN

新しい相棒です。
d0105133_22461428.jpg

カメラのメカニックなことについては、実はなんにも知りません。
基本中の基本だって知らないかも。
どしろうと。

ただ、心が動かされたときにシャッターを押す。
それだけ。
これからもそうやって撮っていきます。

本日、36歳になりました。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-11-13 22:58 |

浮上

d0105133_20323871.jpg
たくさんの皆さまにご心配いただきすみませんでした。
おかげさまで、もう大丈夫です。

プライベートでしんどいことやつらいことがあった時、今まではそれをブログにポロッと書いてしまったり、心配かけちゃいかんと押し隠して丸っきり関係ないネタをひねりだしたり。
どっちもどっちですね。
今回は気力というものがなかなか戻って来なかったので、無理にあがかないことにしてみました。
底のほうで、じ〜っと。
静かに。
そうするうちに自然な流れがやってきて、ふわりと浮き上がらせてくれました。
ふわり、ゆらり、漂いながら、自分を取り戻せそうです。

ブログも無理せずぼちぼちと再開していきます。
また、どうぞよろしく。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-07-30 20:50 |