古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:智林堂にて( 244 )

BRUTUS!

のってます。
d0105133_20105660.jpg

BRUTUS最新号、古本屋特集に智林堂書店が載ってます〜。
いやそんな、大きい記事でどーん!とかではないですよ。
最初ざっとめくった時は見つけられなかったぐらいですもん。
でもじっくりゆっくり丹念に見てゆくと・・ほら。あったあった。
東京の古本屋さんが圧倒的に多いなか、ぽつりぽつりと地方のお店もまざっていて。
整然と美しい棚のあのお店、ひとくせふたくせありそうな店主の待つあのお店、行ってみたいところがいっぱい。
名前もユニークなところが多いんですね。
よく言われることではありますが、古本屋業界、ここ数年でずいぶん様変わりしましたよね。実感。
個人的には昔ながらの古本屋さん、好きですけど。
ごっちゃりした棚、せまい通路、愛想のないおやじ。ね。
智林堂はそちら寄りかな。

ところで。
なぜにこのタイミングなのでしょうね。
BRUTUSが発売されて、問い合わせやご来店なんかもぐんと増えようかというこの時期に、店主はまたまたまたしても旅に出ております。
しばらくお休みですのでご了承くださいませ。
[PR]
by nara-chirindo | 2013-06-05 16:36 | 智林堂にて
d0105133_1714294.jpg
朝からみぞれふる、寒い成人の日となりました。
晴れ着の女の子たちにはなんともお気の毒な…。
でもかえってそういうほうが思い出に残ったりするのかも。
偏屈ものだった私は成人式には出席しませんでしたので、思い出もなにもありゃしませんが。
どんなもんなのかな〜とはちょっと思うかな。今さらすぎですね。

さて新年の智林堂です。
店主もおかげさまで無事旅の空から戻り、通常通り営業しております。
なんでも、女性古書店主が主人公の新ドラマが始まるみたいですね。
『ビブリア古書堂の事件手帖』。
このシリーズ、単行本を本屋で見かけたことはあります。
あのイラストと剛力彩芽ってのはだいぶ雰囲気が違うようですけど、うまくはまるんでしょうか。
そのあたりも楽しみ。
月曜9時、今夜ですよ今夜。
これを機に古本屋ブームが起こってくれるといいなあ。
[PR]
by nara-chirindo | 2013-01-14 16:50 | 智林堂にて

年末の智林堂といえば?

はい。それではいつものお知らせを。

例によって店主が旅に出るため、智林堂は年末年始の営業をお休みさせていただきます。
12月24日(月)から1月11日(金)まで。
12日(土)より営業再開の予定です。

今回はアメリカと聞いたので、店主にしては珍しいなと思ってたのです。
普通すぎというか、ねえ。
今までがほれ、東欧やら北欧やらあたりのなんとかかんとか(国名がおぼえられない)、日本人が行ったことってあんの、そこ?というような辺境ばかり旅してきた印象だったもので。
でもまあよくよく聞きますと、アメリカへは乗り継ぎの都合で立ち寄るだけで、主な目的は中米。
コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、エル・サルバドル、グアテマラ、ベリーズ、メキシコなどなどだそうでございます。
それでこそ店主らしい、ある意味安心(?)なラインナップ。
お気を付けて行ってらっしゃいまし。

ちょっと気が早いですが、みなみなさまも、どうぞよいお年を。
新年の智林堂もかわらずご贔屓に、よろしくお願いもうしあげます。
[PR]
by nara-chirindo | 2012-12-23 11:46 | 智林堂にて

幻の初仕事

思えば、もうはや1年半以上。
智林堂の仕事にはまったくノータッチなのであります。
智林堂ブログを名乗っていながら最近は育児ネタや奈良ネタばかり。この現状、いかがなものか。
その自覚はず〜っとあったのです。
しかしネタがないものはない。
いずれ育児が落ち着いて店番に復帰できるとしても数年後のことになりましょう。

そんな開き直った日々に、突然舞い込んで来た買い取り話。
手伝ってくれまいかとの店主の依頼。
「え〜、だって子供ほっとかれへんし」
「連れて来たらいいやん」
「え〜、でも目ぇはなされへんから本はこんだりできへんし」
「それはこっちでやるから車出してくれるだけでいいねんて」
「え〜、チャイルドシートつけてるからあんまり荷物のらへんし」
「そんなに量ないって」
「え〜、時間かかったら眠くなってぐずっちゃうし」
「すぐ終わるって」
「え〜・・・」
なんだかんだ言いくるめられて、なしくずしに承諾。
まあでも引き受けたら引き受けたで、久しぶりの仕事が楽しみになってきたりもして。
場所も今までご縁がありそうでなかった船橋商店街付近。
あのあたりもディープで面白いとこたくさんありそうですもんね。
うん、楽しみ楽しみ。
ぐずり対策のおもちゃやらなんやら用意万端ととのえてその日を待っていたのでした。

・・しか〜し。
先方のご都合で急遽この話はボツということに。やれやれ。
ま、実際ちびっこ連れで仕事というのも大変だろうし、迷惑をかけることになったかもしれないんだし。
またいずれチャンスがあることでしょう。
d0105133_14275693.jpg
「これを並べて、あれに値付けして。いそがし、いそがし」
d0105133_1428135.jpg
よっ店主代理代理。買い取りより店番デビューのほうが先になるかもね。

それにしても船橋商店街、またもやご縁がなくって残念!
[PR]
by nara-chirindo | 2012-06-10 14:47 | 智林堂にて

桜と旅の空のひと

氷室さんの桜が、ようやく・・!
d0105133_20293338.jpg
d0105133_2029522.jpg
d0105133_20282550.jpg
まだまだつぼみも多いので、日を追うごとにボリュームアップすることでしょう。
当分のあいだ楽しませてくれそうです♪

しかし。しかしですよ。
氷室神社の枝垂れを皮切りに、これから奈良公園の桜も次々と見頃をむかえて、人出がどっと増えること間違いなしだというのにですよ。

智林堂休業中。。。
店主、またしても旅の空。
年2回が恒例だったはずの海外旅行がいつの間にか年4回に。
今回は、ぐ、ぐるじあ?だとか。どこだそれは・・。
d0105133_9254199.jpg

2週目頃、『頃』というのがあやしいですね。
来週早々に帰って来てくれればいいのですが!


<追記>
諸事情により、旅程なかばながら店主はすでに帰国したそうな。
なんだかまたいろいろあったらしいですよ。
詳細は店主ブログにて明らかにされることかと。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2012-04-05 20:40 | 智林堂にて

お待たせいたしました!

d0105133_21112573.jpg
おかげさまで店主も無事長旅から戻りまして。
智林堂、13日より営業を再開しております。
さっそく様子を見がてら顔を出してこよっと。
アフリカ土産ってどんなんかな〜♪
d0105133_21182045.jpg
「これってどこの?」
「ポルトガルのお茶とスペインのお菓子。缶入りのお菓子はけっこう上等なんやで」
d0105133_21175464.jpg
「へ〜これは?」
「赤ワインとイベリコ豚のソーセージ」
「どこの?」
「だからスペインやて」
「あれっ・・アフリカは??」

アフリカってのが印象強すぎて、そこだけに行ってきたみたいに思っていたけれど、ヨーロッパをまわって帰ってきたんだそうですわ。
で、最後の国がスペインだったと。
そりゃお土産は最後に買うわな。。。
いやいや何も、文句をつけるつもりではありません。
ありがたくちょうだいいたします。
・・でもアフリカ土産ってどんなもんなんだろなあ(まだ言う)
だって、なかなかアフリカへ行く人って身近にいませんもんね。

では気を取り直して、ポルトガルのフレーバーティー&スペインのクッキーをいただいてみましょう。
缶をパカッ。
d0105133_21352373.jpg
おお、なんともアバウト!
異国を感じるなあ。
ほろ甘い、懐かしいようなお味でありました。
[PR]
by nara-chirindo | 2012-01-15 21:49 | 智林堂にて

良いお年を!

本年の智林堂の営業は、昨日をもって終了いたしました。
来年度もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

店主は今日から例によって旅に出てゆきました。
今回はアフリカ方面ですって。
アフリカ。お正月に。う〜ん、何ともよう言わん。
土産話を楽しみに待つとしましょうか。

10日間から2週間ほどの滞在予定らしいですが、これもまた例によって帰国日がはっきりしないもので、新春の営業再開の日にちはまだ確定しておりません。
決まり次第お知らせいたします。

ではでは、おそらくこれが今年最後の更新ですので。
ご挨拶をよろしく、うめこさん。
d0105133_19531879.jpg
背筋をのばし、ぴしりと両手をそろえまして。
d0105133_19542133.jpg
「皆々さま、」
d0105133_19544891.jpg
「どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ!」
[PR]
by nara-chirindo | 2011-12-28 21:02 | 智林堂にて
毎年恒例、真夏のこの時期は下鴨納涼古本まつり。
行きたかったなあ。
ってまだ終わってはいないけれど、今年は無理そうです。
来年あたりどうかな。
一年前の今からその気でいればなんとかなるかも。

店主は初日から行ってきたそうです。
戦利品の一部を拝見拝見♪
d0105133_1654987.jpg
d0105133_1652926.jpg
d0105133_165553.jpg
d0105133_164421.jpg
奈良本のあれやこれやは外せませんね、やはり。
d0105133_1663838.jpg
仏教関係もちらほら。京都だけに。

総じて、びっくりするような掘り出し物とは出逢わなかったものの、手堅く智林堂向きの本を多々ゲットできたようです。
大半は倉庫宛てに郵送したそうで、店にあるのはまだほんの一部ではありますが、よろしければご来店くださいまし。
古本市は16日までですから、京都の帰りに奈良まで足をのばしてくださるというのはいかかでしょ。
店主も最終日かその前あたりにもう一度行こうかなと言っておりましたので、その日は開店時間が遅れるかもしれません。
お電話くださってからのご来店が確実かと。
d0105133_16155442.jpg
こちらは4年前の会場の様子。
深い緑の森のなかの古本市。
他のお祭りとは全然違う、独特の静かな熱気にあふれていたっけ。
ああ、やっぱりまた行ってみたいな。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-08-13 21:47 | 智林堂にて

口出し無用の盤上遊戯

それにしても涼しい8月ですね。

さて、縁あって。
とある筋から立派な将棋盤をゆずっていただきました。
脚付きの重たいやつです。
駒はプラスチックなので、そう高級品ではありません。
しかしながら、プロの棋士たちが何人も実際に触れて勝負をしたことのある代物。
といってもサインがあるわけでなし、証拠は何もありませんがね。
盤上に残る無数の傷跡が語るのみ。
d0105133_2159880.jpg

今回は智林堂関係ではなく個人的にいただいたものなので、売り物にするつもりはありません。たぶん。
場所ふさぎではあるけれど、いつか何十年もたってから日の目をみるとこもありましょう。
私も一応ルールだけは知ってますし。
兄(つまり智林堂店主)に教え込まれて練習相手にさせられたのは、もうはや30年も前の話。
一度覚えればけっこう忘れないもんです。
ヘボヘボ将棋だったけれどもね。
d0105133_21595444.jpg
この脚はクチナシの実をかたどったもの。
傍からの口出しをいましめる意味がこめられているそうな。
d0105133_2233168.jpg
甘い香りのクチナシの花。
こちらはなんだか、もの言いたげな風情なような気がします。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-08-02 22:34 | 智林堂にて

智林堂あいてます

d0105133_14254481.jpg
       「びっくり!!」

いや、びっくりではありません。
智林堂は予定通り営業再開しております。
店主は7日朝に帰国してその足で店に向かい、今のところはそれ以降無休で開けているそうな。
えらいえらい。
さすがに長く休みすぎてうしろめたかったんかしら。
d0105133_14324565.jpg
私は久々にのぞいたので、ずいぶん本が入れ替わっている気がしました。
当店イチオシの奈良本コーナーも新しい顔ぶれ。
ネットオークションも再開してますので、こちらもまたごひいきに。
d0105133_1437312.jpg
そして今回いただいたお土産。
いつもと違って「なんじゃこりゃ??」という判読不可能なものはなかったけれど、パプリカの粉っちゅうのはどう使ったらええのやら。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-06-14 14:46 | 智林堂にて