古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:奈良( 316 )

鹿寄せ写真、奇跡の一枚

なんだか、妙におもしろいんですよね。
毎年行かずにはいられません。
奈良冬の風物詩、鹿寄せ@飛火野。はじまってます。
d0105133_15391543.jpg
とはいっても…。
こわいもん知らずなおひとの手をぎゅうっと握りしめとかないといけないもので、こんなアングルばっかり。
今回からなのか、鹿愛護会のブログに載せますとやらで、スタッフさんがさかんに撮影されていたので写真はそちらにおまかせ。
こちらがその様子。
いや〜私の顔、うまいこと隠れてますやん〜。
わざとじゃないんだけど、いやちょっとわざとやけど。
シャイなもので。
それにしてもほんまにうまいことこれ。ねえ。
これならどんだけ拡大してくれはってもかまいませんわよ。ほほ。

まあそんなことはともかく、鹿寄せ初日だったこの日は映画監督河瀬直美さんも撮影に来られてました。
次の映画はまた奈良ものなのかな。
私が見たのと同じ瞬間が映画としてずっと残ると思うと嬉しいな。

そんな鹿寄せ、3月17日までです。
月曜日以外の毎朝10時から15分ほど。
無料でどなたでも見られますよ。
ただ、見せ場はわりとすぐ終わっちゃいますので、時間に遅れないようご注意を。
くわしくは鹿愛護会ホームページをどうぞ。
[PR]
by nara-chirindo | 2013-02-08 16:07 | 奈良

冬空の彩

d0105133_21101814.jpg
d0105133_21111864.jpg
d0105133_211284.jpg
d0105133_21165237.jpg
おまけ…
d0105133_21182297.jpg
鹿ちゃん花火。かろうじて。
[PR]
by nara-chirindo | 2013-01-26 21:49 | 奈良

金魚のまちの古本市

d0105133_15392910.jpg
郡山八幡神社にて、「ひとはこ」ならぬ「ヒトタライ古本市」。
d0105133_154422100.jpg
d0105133_15441164.jpg
d0105133_15431492.jpg
郡山だけに、出店者は金魚本を一冊以上まぜるべしというルールだったそうな。
そういうシバリがあるのもかえって面白いですね。
d0105133_15483755.jpg
七五三シーズンだけに、華やかな着物姿のちびっこたちもちらほら。
地元のこじんまりとした神社での七五三ってのはいいものですな。
d0105133_15562193.jpg
ちょっとのぞいてみるだけのつもりが、気づいたらずいぶん長居してました。
車はもちろん通らないし、なんだか囲まれている安心感があって。
のんびりできる、いい神社でした。
神社とかお寺って、古本との相性もいいですしね☆
[PR]
by nara-chirindo | 2012-11-04 16:21 | 奈良

草と空の平城宮跡

育児を言い訳に、何ヶ月もブログから遠ざかっておりました。
何人ものかたが見にきてくださっていることをわかっていながら、ごめんなさい。
そしてまたまた智林堂とは関係のない話であれなのですが。
どうしても黙ってはいられないことが出来いたしまして、唐突な再開とあいなりました。

「平城宮跡の自然が破壊されようとしています!」

ブログにて教えてくださったのは奈良倶楽部さんのこの記事
いきさつや抗議行動の様子などがまとめられているのが寮美千子さんのこちらの記事
地域住民に充分な周知もなされないまま、平城宮跡の一部、今は自然のままの草原となっている大極殿広場南側の第一次朝堂院跡が大規模整備、コンクリートで土色舗装されるそうです。
理由は「歩きやすいように」。
その経緯を知れば知るほど、阿呆ちゃうか、と言いたくなるような事業です。
なのになんと、工事はもうすでに着手されているのだとか!

寝耳に水で、衝撃でした。
平城宮跡は奈良っこにとっては特別の場所です。
あの何もなさ、空の広さ。
ただの広い広い草原なんだけど、その下に実は都が眠っているロマン。
ここに立って同じ山並みを眺めた古代人がいたんだということを確かに体感できる場所。
復元施設やらなんやら、モノは何もなくていいんです。
そういうことは吹く風に感じられるのだから。

たまたまですが、2日ほど前に、工事のことは何も知らないまま私はちびっこを平城宮跡で遊ばせていました。
あ、ここいいじゃん。あらためてそう思っていたとこだったのです。
遊具なんかなくたって、1歳児のまあ喜んだこと。
d0105133_14433322.jpg
d0105133_1445386.jpg
草花をちぎってみても段差によじのぼっても大声出しても気兼ねなし。
虫もいっぱい、鳥もたくさん。ひっつきむしのおまけつき。
子供の目に映るのは、どこまでもどこまでも続く草っぱらと360度の青空。
今、ほかにこういう場所ってあるでしょうか。

何度でも言いますが、平城宮跡は、あの何もなさがいいのです。
どうかあのままの姿でいつまでもあってほしい。
自分にもできることがあればと思って情報収集中です。
何かご存知のかたはご一報くださいませ。
(こういう時はツィッターをやってれば話が早いんだろうなあ・・!)
d0105133_1573043.jpg

[PR]
by nara-chirindo | 2012-09-29 14:39 | 奈良

室生へ

<龍穴神社>
d0105133_21444911.jpg
d0105133_21461126.jpg
巨大な杉に囲まれたかっこいい神社。
でもいきなりのハプニング。
頭上から不穏な物音が・・と思ったら、ややあって枝が参道に落下!
ついさっき歩いていたところを狙ったかのように。
龍神さまのお怒りをかってしまったのかとびびったけれど、そうなら頭に当たって怪我してたろうし。
調子にのらず身を慎めよ、との警告かしら。

<民宿むろう>
d0105133_2147453.jpg
山菜料理おいしゅうございました。
女将さんたいへん気さくなお人柄でした。

<室生寺>
d0105133_2292316.jpg
d0105133_21493319.jpg
d0105133_21505657.jpg
d0105133_21532634.jpg
自由奔放1歳児を抱えてのあの石段は厳しすぎる〜。。。

<室生山上公園 芸術の森>
雨のため写真撮れず。
広大すぎて全貌つかめず。
妙な公園であることだけはたしか。
なんか楽しい。
でもなんか変。なんか気になる。
いつかまた来ることになりそう。


室生の里、ええとこでしたが、やっぱり、うちが一番落ち着くのでした。
うちが一番ええところ。
[PR]
by nara-chirindo | 2012-05-07 22:34 | 奈良

達陀帽いただかせ

まだまだ肌寒い、三月十五日朝。
d0105133_1415963.jpg
きれいなお姉さんに手をひいていただきまして。
東大寺二月堂へ初上堂〜。
d0105133_14155876.jpg
我が子のすこやかな成長は、すべての親の唯一無二の願い。
d0105133_14183428.jpg
無事に修二会満行をむかえた二月堂は和やかな空気に包まれていました。
d0105133_1421226.jpg
これでようやく奈良にも春がくることでしょう。

***達陀帽いただかせとは、練行衆が達陀の行法で用いた金襴の帽子を幼児にかぶらせる行事です。これをかぶらせてもらうと災難を受けず、また 賢い子に育つそうな。毎年たくさんの親子連れが訪れています***
[PR]
by nara-chirindo | 2012-03-16 14:42 | 奈良

雨宿り鹿

d0105133_2110750.jpg
親子?でいいとこ見つけたねえ。
d0105133_21111229.jpg
こりゃ一等地だわ。
d0105133_21125178.jpg
ここもええね。仁王さんの前で仁王立ち♪
d0105133_2114189.jpg
木の下ってのもアリよ。もちろん。・・でもね。
d0105133_21154218.jpg
これは・・・雨宿りなのか?
d0105133_21205683.jpg
d0105133_21213560.jpg
君ら、はさまってるだけやんか?ずぶぬれやんか???
d0105133_2139218.jpg
「せこいこと考えんと、雨の日は雨に濡れといたらよろしいわ」
[PR]
by nara-chirindo | 2012-03-09 21:43 | 奈良

遠巻き鹿寄せ

「今年は行かないの?」とのお声を多数(ウソ、少数)いただきまして。
行ってきましたとも。
d0105133_1805665.jpg
鹿寄せin飛火野2011〜♪
あ、この鹿はフライングですね。まだホルンは鳴ってません。
d0105133_1823513.jpg
これもフライング。
初日だとこういう鹿はいないんだけどなあ。

ではそろそろ頃合いもよし。
おなじみ画像をコマ送りでどうぞ。
d0105133_1834567.jpg
d0105133_184876.jpg
d0105133_1851080.jpg
d0105133_1843166.jpg
d0105133_1853476.jpg
今回は諸事情により、あまり接近できなかったので、鹿まみれの迫力ある写真は撮れませんでした。
d0105133_1883822.jpg
    ↑こちら、ミスター諸事情・・・。
d0105133_187185.jpg

さすが生まれながらの奈良男、鹿のことはまったく怖がりません。
でもやっぱり近づけすぎるのは危ないそうです。
何かの拍子でドドドっと走り出して、ベビーカーごと飛び越えて、運が悪いとひずめでひっかけられたりするらしいです。
小さいお子さん連れのかたはお気をつけて。

12月の鹿寄せは14日まで(奈良マラソンの11日のぞく)、朝9時半から飛火野にて。
d0105133_18124928.jpg
あったかい茶粥のふるまいもありますよ。
赤んぼOKのうす味。
ベビースプーンを持参すると便利。
って、そこまでする人はめったにいないか。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-12-09 22:16 | 奈良

秋の日の大和郡山

d0105133_1535084.jpg
d0105133_1541743.jpg
ミルツルさんにて、とある個展開催中。
d0105133_1545127.jpg
d0105133_1553347.jpg
感じのいいお店って、光のとりいれかたが上手なんですよね。
そして空間に余裕がある。
わかっていても、どちらも古本屋には相容れないのがつらいところ。ね。
d0105133_1555574.jpg
d0105133_157617.jpg
随所のツルモチーフがなんともかわいらしい。
d0105133_1583281.jpg
おとなりのカフェkicciさんとあわせて、このあたり、奇跡的かわいさなのだそうな。
郡山には美味しいパン屋さんもあるし、なかなかにあなどれない街です。
d0105133_1585825.jpg
秋の深い青空のもと、ゆっくり歩いて楽しみたい街。
余計なお世話ではありますが、車だと一方通行がマニアックすぎておそろしい思いをすることがないとは言えない、かも。私だけか。
d0105133_1556987.jpg
とある個展は10月9日までです。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-10-04 16:00 | 奈良

酒呑みの幸せな日

更新がとどこおっておりまして、すみません。
たびたびチェックしてくださったり心配してくださったりのかたがたには本当に申し訳ないかぎり。
ちゃんと元気でおります。
元気に呑んだり読んだりしております。あいかわらず。
「読んだり」のほうはまた後日ゆっくりご報告するとして、今日は「呑んだり」のほうですわ。ええ。
なんといってもあの日ですから。
d0105133_1721989.jpg
本日、春鹿の酒蔵まつり〜♪
d0105133_1764175.jpg
この試飲しほうだいというのがね。たまりませんね。
d0105133_1782084.jpg
d0105133_1783988.jpg
酒呑み心をくすぐるアテの数々もすばらしい。
お会いするかな〜と思っていたあのかたこのかたともやっぱりお会いできたし。
同年代の女性と知り合ってとことん語り合ったりもして。
初対面でも心を開いてしまうとは。
お酒の力というのはすごいですね。
もちろんそれがマイナスに働く場合もあるけれど、そこはほれ、それぞれの度量次第でもありますしね。
ほどよく、ここちよく。
酒呑みで良かったと思ういちにち。
また来年も、きっと行きます。
[PR]
by nara-chirindo | 2011-09-18 17:21 | 奈良