古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー

<   2008年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

1月最後の日

d0105133_2111885.jpg
今日で1月も終わりですか。
はやい。はやすぎる・・。

一日一日は24時間で、どの日にもいろんなことがあったはずなのに。
あっという間に過ぎ去ったように感じるのはなぜなんでしょうね。

今月は悲しい別れがあったけれど、そのおかげで引き合わせてもらえたような出会いもあり。
懐かしい旧友との再会もあり。
ブログを通じての新しい出会いもあり。
漢字一文字であらわすなら「会」のひと月でした。

来月も「怒」だの「嫌」だの、そういう月にはなりませんように。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-31 21:36 |
スクープですよ〜。
今日のお昼12時頃。
ついさっきです。
飛火野を通りがかったところ、なんかいつもと違う雰囲気。
そわそわした若い女の子たちがあちらこちらに。
そうです。
あのドラマのロケです。
d0105133_1255698.jpg
それにしてはそんなに人だかりというほどでもなく。
どうやら俳優さん達の到着はまだのようでした。
スタッフの方々のお弁当タイム。
あそこで鹿が2匹、お弁当をねだってるわ〜と思ったら。

d0105133_12593378.jpg
こ、これはもしや。

d0105133_1301691.jpg
d0105133_1302993.jpg
こんな間近に「彼」を見ることができるとは!
この写真はもちろん、スタッフさんにお断りしてからです。
ちょっとだけならいいですよ、とお許しが。
いっぱい撮っちゃいましたが。
d0105133_1361166.jpg
こちらは全身バージョン。
意外なほどリアルでした。
テレビだとどうしてあんなにあからさまにおかしいのか。。。

今から飛火野へ行けばまだロケ中かもしれませんよ。
玉木宏でもなく綾瀬はるかでもなく、「彼」の写真だけ撮って満足して帰ってきた私。
もしかして惜しいことしたかな・・?
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-30 13:18 | 奈良

全集お値段見直し中

智林堂の目録は現在のところ3号まで出ています。
おかげさまでほぼ完売しました。
店主は最新号を鋭意作成中。
次も奈良本の充実したものになりそうです。

それに伴い、全集類もお値段を少々見直すことにしました。
全集の広場コーナーにて随時お知らせしますので、お見逃しなきよう。

先日、珍しく志賀直哉全集がどかんと売れて喜んでいたのですが。
実はもうひと組、同じものがあるのです。
全集類の在庫はなかなか動きませんね。
ごっそりと減っても古書店としての体裁がととのわないし、あふれるほど抱えていてもしょうがないし。
バランスが難しいです。
それはどの仕事でも同じか。。。

当店の全集類、なかなか魅力ある品揃えだと思うんですよ。
気になる名前を見つけたら、お電話でもブログからでも結構ですのでお問い合わせくださいね。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-29 22:14 | 智林堂にて

地図から見えてくるもの

智林堂店頭に、またまた新顔です。
国土地理院発行の一枚地図をたくさん入手しました。
d0105133_2048313.jpg
これ、登山の必需品なんですよね。
山岳部に在籍していた若かりし頃、時々買ってました。
たしか大きい本屋さんか特殊な本屋さんにしか売っていなかったような。
d0105133_20485635.jpg
d0105133_20491149.jpg
昭和50年代のものが中心です。
奈良市内の地図を見てみると、宅地造成中の文字が目立ちます。
今ではすっかり綺麗な住宅地になっているところ。
土地の変化が目に見えるようです。
山が削られたり新たな道路が通ったり。。。
d0105133_20544352.jpg
古いものも少しだけ混ざっています。
南海、じゃなくて海南地区の地図は昭和34年と59年が揃いました。
25年ちがいですから、並べてみるといろいろ興味深いでしょうね。
現在はそこからさらに25年。
たった50年、されど50年。
跡形もないほどの激変を遂げた場所もあり、全く変わらないまま残されている場所もあり。
地図という一見無機質なものから、読み取ることのできる生々しい歴史。

d0105133_2181255.jpg
奈良、京都、和歌山、滋賀など、ほとんどが近畿地方のもの。
どれでも1枚50円とお得です。
国土地理院が最新(と言っても平成14年・・)のデータによる全国地図を試験公開していますので、そちらも見比べてみると面白いと思います。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-28 21:45 | 店主代理おすすめの一冊

昼の山焼き

次の水曜日、1/31に若草山の焼き直しがおこなわれるそうです。
10時〜16時まで。
今年は「五分焼け」だったとはいえ、一応燃えたことは燃えたので意外な発表でした。
その日も荒天だった場合はさらに2/8に延期ですって。
つまり、山焼きとはそこまでして必ず遂行しなければならないものだということですよね。
何のために・・?というところがいまいちはっきりしませんが。。。

こういう大きな行事が天候に左右されてやり直しだの延期だのとなると、役を務める方々は大変でしょうね。
何年か前には雨続きで延期に次ぐ延期・・ということもありましたっけ。

それにしても昼間だとどんな感じに見えるんでしょう。
6時間もかけるということは狭い範囲を少しずつ燃やしていくだけで、特に何も見えないんでしょうかね。
しょっちゅうあることでもないので、ちょっと気になります。
当日関係者以外は入山禁止だそうですので、興味のおありの方は遠くから若草山にご注目を〜☆
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-27 22:22 | 奈良

じんわり、にこちゃん堂

店番の日ではなかったのですが、ちょっと用事があって智林堂へ。
そのあと夢キューブ横の細い路地を歩いていたら、前方からどうも見たことのあるような人が。
・・って、父ですわ。
父親と町中で偶然会ってしまいました。
お昼ごはんをおごってくれるというので、ありがたく前々から気になっていたにこちゃん堂へ。
d0105133_14232557.jpg
d0105133_1424207.jpg
d0105133_1425043.jpg
野菜のおかずがたっぷり!7〜8種類はあったでしょうか。
それと黒米ごはん、みそ汁、選べるメイン。
じんわりくるおいしさです。
歯応えのあるごぼうの煮物なんて噛み締めていると、いま身体にいいことをしているわ〜と実感。
家ではここまで多種類の野菜料理、なかなか作れません。

平日のランチは850円、土日はスペシャル版で1000円。
ロフト風の2階もあって面白いですよ。
奈良ご出身の店主さんがおひとりでやってらっしゃるお店。
椿井小学校の目の前です。

身体が喜ぶ野菜たっぷり料理。
ゆっくりゆったり食事をしたい時に、ぜひ。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-26 14:49 | 奈良

ポンコツ?ぽんこつ??

ポンコツ中古車ライフは楽しいものだけれど。
ちょくちょくメンテが必要になるのは確かです。
カセットデッキがとうとういかれてしまったのはたいした問題じゃないとしても、窓があがらなくなってはね。
さがるのはさがるんです。
というか、勝手にさがります。
で、あがってくれない。
豪雨だろうが寒風吹き荒れていようが、走行中じりじりと落ちてくる窓。
3キロも走れば全開。
そのたび手でつまんで引っ張り上げて、数ヶ月はがんばりましたが。
季節も季節なのでなおすことにしました。
d0105133_22475837.jpg
生駒にあるシトロエンのディーラーへ。
阪奈道路沿いにあるお店なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

あら?シトロエン=フランス車。
私のフィアットパンダ=イタリア車。
なぜフランス車のディーラーへ・・?
はい、それには複雑な複雑な事情がありましてね。
この場ではとても語れませんが。
今回は特別に見てもらった形です。
古い外車をちゃ〜んと扱ってくれて、信用のおけるお店は非常に少ないということです。
d0105133_2255029.jpg
ショールームの車というのは、どれもこれもピカピカのキラキラ!
そしてなぜかデカく見える。。。

こういう美しくて真新しい車とは、きっと一生縁がないかも。
手がかかればかかるほどかわいくなるという、ボロ中古車への愛にめざめてしまったので。
やっかいなことです。

ところで、今ふと思いました。
ポンコツってどういう意味なんでしょう?
何語??
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-25 23:21 |

サンドイッチのお話

まだ全部読み終えていないのですが。
久々に、これは好みかも・・という本を見つけました。
d0105133_21583169.jpg
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』
吉田篤弘著 暮しの手帖社

泣けるとか、感動巨編とか、そういう本ではありません。
抑制のきいた文章。
ちょびっとユーモア。
淡々と、でも徐々に変化する日常。
なんといってもサンドイッチとスープをめぐる話であること・・!

私は今までに、3軒のパン屋で早朝アルバイトをしたことがあります。
どこでも担当はサンドイッチ。
その名残か、サンドイッチを作ることには今でもある種の情熱をもっているんです。
中身はなにも特別なものじゃなくて。
たまご、ツナ、ハムきゅうり。
思い入れがあるのは、そういうごくごく普通のサンドイッチ。
それに、それと合うスープの物語とくればもう。
たまりませんですわ。

この本と出会ったのは、本屋さんではなくてこちら
d0105133_22202338.jpg
d0105133_22204289.jpg
秋篠の森にある、ざっか月草さん。
最近売り場が少し広くなったそうです。
d0105133_22225325.jpg
d0105133_2223412.jpg
d0105133_22231790.jpg
d0105133_22233138.jpg
秋篠の森にはいつ行っても季節の植物がたくさん。
貴重な空間です。
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-24 22:59 | 私物本

奈良ドラマのゆくえ

d0105133_20471834.jpg
皆さん、先週から始まった「鹿男あをによし」はご覧になりましたか。
私はあの原作に関しては文句をつけたいところがいっぱいあるのですが、ドラマまで喰わず嫌いしては大人げないですからね。
見ましたとも。

しかし。
どうも、冷静な判断ができないんです。
ドラマとして面白い部類なのかどうかが。
奈良のそこここが映るのはとても楽しめるんですよ。
そういうところばっかり追ってしまって、全体像がつかめなくて。
奈良を何も知らずに見る人にとっては、これはどういうドラマなのか?
そこがわからないんです。
どうでしょう。
客観的に見ることのできたかた、第1話は面白かったですか??

d0105133_2047335.jpg

ある日の飛火野ロケ現場。
奈良町あたりでも時々やってます。
ミーハーじゃないつもりでも、やっぱり気にはなります。

明日木曜夜10時から、第2話。
今度はどこが映るかな〜。
地元民としてはやっぱりそれが楽しみ。
ストーリーの全体もそのうち見えてくることでしょう。
なんにせよ、これをきっかけに奈良に興味を持つ人が増えてくれればいいですね。

・・と、善人的なコメントで終えようと思いましたが。
ひとことだけ言わせてください。
合成鹿のぎこちなさ、あれはどうにかならないものか!!
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-23 21:42 | 奈良
ちょっと気が早すぎるでしょうか?
東大寺お水取り本のご紹介です。
d0105133_2154427.jpg
『普及版 東大寺お水取り 二月堂修二会の記録と研究』
堀池春峰著 小学館 1996年 ¥3500

これはもう完全ガイドと言ってよさそうです。
略年表、行事次第時刻表、行法解説、配置図、長老聞き書き、etc・・。
井上靖や瀬戸内寂聴の文章もあり。
d0105133_21545637.jpg

d0105133_22214652.jpg
d0105133_22215723.jpg
行法の詳細なタイムスケジュール。
よく見ると時間秘密となっているところが。
時間不定、じゃなくてあくまで秘密。
興味深いですねえ。。。

お水取り=お松明だけではないらしい、大がかりなあれやこれやがあるらしい、ということはおぼろげに知っていても。
その全体像となると、把握している方は少ないのでは。

これ一冊で、お水取り通になれるのは間違いなし。
売れてしまうまでに私もしっかり読んでおきます♪
[PR]
by nara-chirindo | 2008-01-22 22:24 | 店主代理おすすめの一冊