古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー

<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

さて先週土曜日より始まっていますね。
奈良国立博物館にて、第61回正倉院展。
なんだか年々人気が高まっているように思うのは気のせいでしょうか。
土日は言うに及ばず、平日でさえもお昼頃は長い長い行列がずら〜り。
順番がきてやっと中に入ることができても、あの混み具合ではゆっくり鑑賞していられないのでは。
なんだかそれではもったいないですよね。。。
夕方あたりならわりとすいている場合もあるそうですよ。

ではでは毎年この時期恒例、正倉院関連本のご紹介を。
d0105133_21303997.jpg
d0105133_21305145.jpg
目録は多数あります。表紙写真も美しい。
バックナンバーを揃えたい、買い忘れた年がある、そんなかたに。
¥800
d0105133_2132029.jpg
英語版目録もあります。
d0105133_21322845.jpg
ちょっと本格的に、学術本なども。
『正倉院文書整理過程の研究』西洋子著 ¥6000
『正倉院』杉山二郎著 ¥2000
d0105133_2133152.jpg
もっと手軽に正倉院のアウトラインを把握したいなら、写真も豊富な「太陽」シリーズで。
¥1000

そして、去年もご紹介しましたっけね。
真打ちです。決定版です。あの大物です。
d0105133_21353817.jpg
『正倉院宝物 染織 上下』¥18000
『正倉院宝物 北倉/中倉/南倉』¥25000

どのくらい大物なのか・・?
前に掲げた文庫本と比較してくださいまし。
まあこれだけデカいとですね、そう簡単には売れてくれませんね。
しかし世にあれだけの正倉院ファンがいらっしゃるわけですから。
あの宝物の数々を自室でじっくり眺めてみたいというかたも多いはず。
そんなあなたに、ぜひ。
お待ちしております。

明日31日(土)、11月1日(日)、3日(火)の3日間は交通規制が実施されるようです。
奈良公園付近は相当渋滞すると思われます。
お車は避けられたほうが賢明かと。
社会実験ということで無料周遊バスが走るそうですので、こちらをぜひご利用ください。
昨年、私も乗ってみました。
無料&10分間隔運行ということで、気ままにひょいと途中下車できるのがいいんです。
さらに普段のバスとは全然違うルートを走るので、地元民にも新鮮でなかなか楽しかったのです。
一回限りの企画で終わらなくてよかったよかった。
今年も乗りにいくつもり。
今はまだ年に一度の実験段階ですが、いずれ奈良観光の形として定着すればいいですね。
春日大社の森を切り開いて巨大駐車場を新設するなんて案よりも、よっぽど評価できると思います。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-30 22:30 | 店主代理おすすめの一冊

脱力買い取り記

夕飯の仕込みもほぼ終わり、犬の散歩も済ませ、いつもならそろそろ晩酌にとりかかろうかという午後5時。
すでにくつろぎモードに入ろうとしている身体にムチ打って、愛車のエンジン始動です。
アルコールはしばしおあずけ。
本日、夕刻よりの買い取り仕事あり。
通常は開店に間に合うよう朝の9時頃というパターンが多いのですが、先方からこの日この時間しか、と指定されてはいたしかたありません。
JR奈良駅近くのお宅までひとっぱしり。
d0105133_2263187.jpg
茶道、華道関係の専門書がたっぷり、どっさり!
奈良本、句集、歴史関係も少々。
なかなかいい感じ。

ここでちょこっと買い取り裏話を申し上げますと、本は本棚に入れたままにしておいていただくほうがいいのです。
たまに気をきかせて全部取り出して床に積み上げてくださっている場合もあるのですが。
それでは全体を見にくいですしね、やっぱりきちんと本棚に収まっているいるほうが価値があるように見えるものなのですよ。
そして、これはぜひ!という本をピックアップしやすいですし。
買い取る側としては、そういうものからまず大事に梱包していくのです。
おっと、あんまり内情をばらすと店主に怒られるかな。

おそらく茶道、華道に長年たずさわってこられた方のおうちですので。
茶碗や花器のたぐいもどっさり。
d0105133_2264563.jpg
こちらはわざわざ京都から骨董屋さんを呼ばれたらしく、そちらはそちらで査定なさってました。
ちらりと聞こえてくるお値段、10万だとかどうとか。
さすがにケタが違いますなあ。

値段交渉が終われば、あとはひたすら肉体労働。
本を箱に詰め、運び出し、車に積む。
限界まで積み終われば店まで移動し、逆の作業で搬入。
グッと力を入れてゆるめ、入れてゆるめ、その繰り返し。
いつもより早めにカタがつき、興福寺の午後6時の鐘がごぉぉ〜ん・・と響く頃には解散。
秋の日はつるべ落とし、もはや真っ暗です。
やれやれ。
帰路につくも、ハンドルさばきがおぼつきません。
瞬間的に筋肉を使いすぎて、腕が脱力してしまっているのです。
ただでさえ「パワステ」ならぬ「重(おも)ステ」な私の愛車。
角が、角が曲がりきれん〜。
まったくやれやれ。
ようやく家に帰り着いて、さあ晩ごはん♪
楽しみにしていた赤ワインをグラスにつごうとして、ドボドボと嘘みたいにこぼしてしまいました。
力がはいらないよう。。。

古本屋稼業、実はかなりの体力勝負なのであります。
腰痛の再発も怖いし、筋トレでもしようかしら。
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-24 23:17 | 智林堂にて

作家オーラ?

ちょっと気になることがありましたので。
本日、まさかの2度目の投稿です。

今日は朝っぱらから、ちょいと所用で京都まで出かけきたのです。
d0105133_21125127.jpg
いや〜良いお天気じゃった。
で、方向音痴のお約束。
駅ビルでさんざん迷ってきました。
どこがどうつながってどこへ出るのか、まっったく把握できません。
出たとこ勝負。
あぁ足が疲れた。
昔、私が京都に住んでいた頃はあんなややこしくなかったですわ。。。

まあそんなことはともかく。
ホームグラウンドに帰りついてやれやれの午後2時、近鉄奈良駅にて。
作家の石田衣良氏にとーってもよく似た人とすれ違ったんですよね〜。
私は特にファンでもなんでもないので(失礼な!)そんなによくは知らないんですが、あのかたはわりとメディアへの露出が多いじゃないですか。
だからお顔だとか雰囲気だとかはなんとなく存じ上げているわけで、たぶんご本人だと思うんですよね。
作家オーラらしきものが出てましたもん。
奈良に来られてたとしてもおかしくはないですよ。
取材か何かでね。
ということは。
次回作は奈良が舞台、かも??
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-22 22:02 | 奈良

実証!

さて皆さま。
私が長年もやもやと疑問に思っていたことが、いよいよ明らかに。
疑問=「金木犀はワンシーズンに二度咲く年があるのではないか??」
くわしくは9/23のブログを見ていただけましたら。

ではでは実証編、まいりますよ〜。
どの写真も今年のもので、同じ樹です。

<9月23日> ブログ掲載写真。満開少し手前でした
d0105133_15543749.jpg

<10月1日> 花はすっかり散って緑一色
d0105133_1624975.jpg

<10月12日> おや、白っぽい花芽らしきものが!
d0105133_164660.jpg

<10月20日> 再び満開に!!
d0105133_1654714.jpg


しるしでも付けて同じ枝を定点観測すればもっとわかりやすかったんですけれど。
根がいいかげんなもんで、そこまで徹底できず。。。
しかしながら、この眼で確認いたしました。
今年、金木犀が二度咲きしたことは明らか。
それも一ヶ月の間にですよ。
二度ともこぼれんばかりの豪勢な満開っぷりだから、樹の体力的なことがちょっと心配になったりして。

すずさんと奈良倶楽部さんにも観察にご協力いただきました。
それぞれ、しっかり二度咲きされたそうな。
monstreさんからは「昔は異常気象の年に二度咲きすると言われていたが最近はむしろそれが定常化しているらしい」との情報をいただきました。
不思議な現象ですよね。
来年はどうなるでしょう。
引き続き観察してまいります。

おまけ。
d0105133_16424931.jpg
ピンボケ失礼。
奈良の人なら誰でもその名を知っている、某旧家の玄関先にて。
ひとつの樹に金木犀、銀木犀両方の花が咲いてます。
こちらも二度咲きです♪
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-22 17:00 | 自然

『奈良の本』

智林堂、またまた雑誌に載せていただきました!
d0105133_13384015.jpg
タイトルもずばり『奈良の本』です。
エルマガのムック本ですね。

ま、載ってるといってもですね、ちょこっとですわ。
飲食店情報が中心なので、古本屋の記事は1ページだけ。
メインは古書喫茶ちちろさん。
下のほうにちょろりっと智林堂の名も見えております。
とりあげていただいてありがとうございます。

ちと残念だったというか、悔やまれるのは、絵はがきコーナーの写真。
無惨にひしゃげたダンボールが丸写り。。。
普段から細部に気を配っとかんにゃあかん、ということですね。
反省して今は新しい箱に入れ替えました。
で、もちいどのに並ぶ古本屋4店について、ひとことずつ紹介してあります。
うちが「何系」と紹介されているかは見てのお楽しみ☆

そしてそして。
なんといっても食べ物屋さんの記事が圧巻!
d0105133_1359348.jpg
d0105133_13594932.jpg
あっここ行ったことある、とか。
そうそう、行きたいと思っててん、とか。
最近よくここのウワサ聞くわあ、とか。そういうお店ばかり。
つまり、すごく身近な感じなのです。
お料理の写真もキレイ。
よそゆきのすましたキレイさじゃなくて、いきいきしてます。
料理がいきいきってのも変ですけど。
d0105133_1451414.jpg
d0105133_1452522.jpg
奈良県庁の食堂まで載っていたのには驚いた。
それこそウワサの大和肉鶏親子丼。
三ッ葉がNの文字になっているのは演出かな、偶然かな。

食べ物以外にも、お寺あり、みやげものあり、生駒特集あり、天理特集あり、森特集(?)あり。
充実してます。
鹿のコラムページにはすごく面白いことが書いてありました。
奈良公園の鹿がどれだけ遠くで発見されたことがあるか、という。
びっくりしますよ〜。
さてどこでしょう。その鹿はどうなったのでしょう。
これまた見てのお楽しみ☆☆

この『奈良の本』は掲載店にひとあし早く送ってくださったものです。
本日、奈良駅前の書店をはしごしてみましたが、まだ置いていませんでした。
でも近々発売されるはずですので。
敷居の高くない、とっても親しみやすい奈良本です。
ぜひぜひお手に取ってみてくださいね。
お近くの書店にない場合は思い切って注文しちゃってくださいな。
発行は京阪神エルマガジン社、780円です。

<追記> 10/20(火)発売だそうです!
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-19 14:39 | 智林堂にて

狭いところがお好き

d0105133_2164626.jpg
d0105133_217270.jpg
d0105133_2171619.jpg
    「・・・お母ちゃん、抜けへんようなってしもたワ」
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-17 21:19 | 我が家

囲まれた五十二段

猿沢池から興福寺へと向かう石段、通称「五十二段」。
奈良を訪れたかたならきっと数をかぞえながら登ったことがおありだと思うのですが。
数日前に通りかかってびっくりしました。
d0105133_21272968.jpg
上からも下からも、通れなくなってますやん〜。
改修工事だそうな。
来年3月末までかかるそうな。
そりゃ安全が最優先だろうけれど。
崩れてて危ないとか、そんな箇所は見当たらなかったですよ。
1300年祭に合わせて小綺麗にしとこうということなんだったら、もっと他のところにお金を使っていただきたい。
d0105133_21332396.jpg
ここらへんからじゃ、せっかくの五重の塔も金網ごし。

奈良公園内や寺院で工事中なのを見かけると、いつも思うんです。
遠い地域や外国からわざわざ奈良観光に来られて、たまたまそんな日に当たったかたがたに、申し訳ないような。
期待していた風景と違ってがっかりされたんじゃないかと。
本当はこんなんじゃないんですようと言い訳したくなるのです。
d0105133_21351528.jpg
奈良八景のひとつ、「猿沢池にうつる五重の塔」も台無し。。。

せめてあの人工的な囲いがどうにかならないものか。
よくあるオレンジと黒のシマシマのよりはマシだけれども。
木製とかにできませんかね。
あっ竹矢来とかどうでしょう。
鹿にかじられちゃうか・・??
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-14 22:04 | 奈良

遠出

秋晴れの本日、吉野川流域まで日帰り行楽。
d0105133_22103837.jpg
d0105133_2210553.jpg
d0105133_22111862.jpg
生粋の奈良っこは海を見ると「海や海や!」と言ってしまうものですが、大きな川を見ても「川や!」と言ってしまう。
それはもう、どうしても言ってしまうのです。

ほとんど一日中車を運転していてさすがに疲れました。
私にしてはかなりの遠出。
初めての道ばっかり通ったし。
そろそろ奈良市限定ドライバーの汚名は返上していいかしら。
奈良県限定であるのはいかんともしがたいけれど☆
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-12 22:25 | 我が家

古本屋的悪夢

30代ぐらいの男性のお客さん。
5冊ほどの文庫本をレジに持ってこられる。
値段をチェックしようとして、絶句。
冷や汗がたらり。
値段が書いてない?付け忘れ??
慌ててパララララ・・とめくると、あったあった数字が。
でも「98」「504」とか、そんな半端な値段はうちでは付けるはずなし。
他のページは?
「76000」!?
文庫本でその値段!ありえん。
とりあえず他の本を先に、と思ったら全部が全部そんなの。
ひぃ〜どうしよう〜〜。
この場で適当に値付けするしかないけど、なんだかすごく古本に詳しそうなお客さん。
そしてなんだか評価が難しそうな本ばかり。
納得してくれるのか??

・・と、今朝はそんな夢を見て目が覚めました。
いや〜あせったあせった。
私にとっては悪夢でありました。

仕入れた本に値段を付けるのはとっても重要な仕事なので、店主が全部ひとりでやっています。
で、そのお値段がどこに書いてあるかと言いますと、店によって流儀は違いますが智林堂では基本的に最終ページ上部に記入してあります。
d0105133_2113913.jpg
こんな感じ。
たかが数字といえども各店のクセが出るもので、買い取りなどで巡り巡ってきた時に、おっこれは◯◯書店さんの本、とわかることもしばしば。
智林堂の常連さんがたは、たぶん店主のこの文字にすっかり馴染んでくださっているはず。
私ももちろん、もうすっかり見慣れた字です。
でもそこにあるはずの文字が書いてなかったとしたら・・困りますね。
まだまだ修行中の身、適正値段をパパッと付けられるほど古本道を極めておりませぬ。
どうか正夢になりませんように!
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-11 21:38 | 智林堂にて

『沙羅双樹』上映会〜♪

もうあちこちのブログなどで告知されていますし、ご存知のかたも多いでしょうか。
明日10日(土)夕刻より、国立博物館本館前広場にて河瀬直美監督映画『沙羅双樹』上映会がおこなわれます!
野外ということで、入場無料です。

この映画にはわたくし、思い入れがいろいろとありまして。
まず河瀬直美監督出身校の一条高校は私の母校でもあります。
学年は重なっていませんが。
で、ヒロインに抜擢された女の子は当時現役の一条高校生。
だから制服や学校風景なんかも、そんまんま一条なのです。
卒業生にはたまりません。
そして主な舞台はならまち。
あっここ知ってる、この道いつも通ってる、そんな場面ばっかり。
そういうのって嬉しいものですよね。
さらにさらに、上富履物店にてロケ中の監督を見かけてバッチリ目があったこともあったなあ。
ま、それは、だからどうしたと言われればどっちゅうことないですけど。
ヒロインの母役は樋口可南子さん。
母娘で下駄をあつらえてカラコロと路地を帰ってゆくシーンがあって、その姿がとっても良くて。
Gパンに下駄っておかしくないやん、むしろ合うやん、なんて思って。
それ以来私も夏場はサンダルがわりに下駄を愛用するようになったのでした。
もちろんあつらえは上富さんにて。
大事に履いています。

そんなこんなで、もう一度見たいと思っていた映画。
明日なんとか都合をつけて行ってくるつもりです。
詳細はコチラを。
無料で気軽に見られますので興味のおありのかたはぜひぜひ。
博物館前広場でどんな形で上映されるのかちょっとわからないのですが。
たぶん地べたに好きなように座るんでしょうね。
座布団持参、らしいです。
かなり冷え込みそうなのでしっかり防寒も考えないと。
そうそう、ゆらゆらするカメラワークに酔うというご意見もお聞きしたことがありますのでご参考までに。

ではでは明日、会場で!
[PR]
by nara-chirindo | 2009-10-09 22:39 | 奈良