古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

さて天神橋筋商店街。
日本一の長さを誇るだけあって、途中何ヶ所か信号まであるのです。
d0105133_20462169.jpg
けっこう広い道路ですよ。
赤信号でも隙あらば渡ってやろうと虎視眈々のお向かいさん。
さすが大阪。

しばらく歩いたあたりで、古本屋さん発見。
d0105133_20555938.jpg
矢野書房さん。
何げなく中に入ってみて、いや〜びっくりした。
d0105133_2142234.jpg
文学本の品揃えがすごいですやんか。
整然と美しい棚も素晴らしい。
お若い男女おふたりが店番をされていて、もしかしてご兄妹?と思ったりしましたが、後でネットで得た情報によるとご夫婦だそうな。
もっとゆっくり時間をかけてお邪魔したい古本屋さんでした。

そしてすぐななめ向かいには、有名な天牛書店さんがもう見えてます。
d0105133_21191622.jpg
d0105133_21192850.jpg
d0105133_21194064.jpg
店内は、天牛書店の名前から勝手にイメージしていたよりずっとずっとお洒落な感じ。
お香が漂い、ジャズが流れ、天井が高く。
ジャンルは豊富で、膨大な蔵書。
d0105133_21234955.jpg
表の50円均一、100円均一の人気が高いそうです。
100円本のところで大和、山河がどうこう、という字が目に入って、あっと思って手にとろうとしたら、他のお客さんがすでに抜いてキープしていた本だったらしくてキッと睨まれちゃいました。
失礼しました。
でもぽんと置いてあっちゃわからないですよね。。。
あれは山本健吉の「大和山河抄」だったかも。

ま、気を取り直して。
他にもコミック専門のお店もあったり、細い路地を曲がったところに歴史関係中心の小さなお店もあったり。
この周辺、古本屋さんがかなり多いです。
全然予備知識なしに行ったから、余計に楽しい。
次回は古本屋だけにターゲットをしぼって来てみよう。
d0105133_2146175.jpg
またまた信号を渡り、
d0105133_2149466.jpg
阪神ファンのつどうお店を見つけてみたり。
d0105133_21504158.jpg
そうこうするうち、いつの間にやら。
全長2、6キロ、長い長い天神橋筋商店街の端っこまでたどりついていたのでした。
よう歩いた、お疲れ!!

・・いやいやいや、最終目的地はここではないんだった。
さらに2キロほど歩かねば。
歩く大阪、まだまだ続く。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-30 22:08 | 京都・大阪
当初の目的地は、大阪淡路町のとある古本屋さんだったのです。
遅まきながら開店祝いに伺おうと。
しかしなぜか、どうせそこまで行くなら、日本一長い商店街とやらを通り抜けてみようということになりまして。
そうです、その名は天神橋筋商店街。
天神橋筋6丁目駅から天神橋に向かって、逆走ではありますが、端から端まで全長2、6キロの商店街めぐり、スタート!
d0105133_15485824.jpg
・・あれ。意外。
こてこて、ごてごてしたディープな感じはあんまりしません。
ごく普通に地元の人たちが日常の用を足しにくるところ、なのか。
活気はすごくあります。
お弁当とか定食とか、食べ物の値段がすごく安いのが印象的。
時々はやっぱり大阪らしい、原色のあふれるお店もあり。
d0105133_15582457.jpg
d0105133_15594079.jpg
d0105133_15595528.jpg
なにわマダム必須アイテム、ヒョウ柄もあり。
d0105133_1612210.jpg
d0105133_1613497.jpg
演歌専門の店(←?)の前にはサブちゃんが微笑み。
d0105133_1623655.jpg
d0105133_162482.jpg
学生服のマネキンにすごまれたり。(背後のもう一体もかなり怖い)
d0105133_1681124.jpg
d0105133_168263.jpg
ケーキの盛りっぷりがすごかったり。
うん、じゅうぶん大阪らしくなってまいりました。
d0105133_16181070.jpg
途中の広場では古本市が。
コバルト文庫のチェッカーズ写真集がちょっと気になったなあ。
買わないけど。

さあまだ半分も来ていません。
こうあちこちで引っ掛かっていて、果たして最後まで歩ききれるのか?
明日に続く。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-29 16:25 | 京都・大阪

遅霜の朝

d0105133_22181324.jpg

[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-27 22:19 | 我が家

嬉しい鑑賞会

いつも親しくおつきあいさせていただいている奈良倶楽部さん
きたまちの閑静な地域に佇む、とても素敵なホテルです。
今までにもあちこちの雑誌で取り上げられていらっしゃるのですが、先日とうとうテレビ取材を受けられたとのことで、その放送を心待ちにしていました。
今日はそのDVD鑑賞会の日。
そう、どうせならみんなでワイワイと楽しく観たいですから。
d0105133_19442171.jpg
お昼は飛鳥さんのお弁当〜♪
d0105133_19503111.jpg
まさかの今月2度目であります。
前回と比べてみれば、いっそう春めいた雰囲気のお弁当。
開けた瞬間、パ〜ッと華やぐようで。
旬のつくしも入っているし、季節感をすごく大切にされているんだな。
寒いとはいえもう桜の時期なんですものね。
夕飯におでんを仕込んできたことをひそかに反省。。。

さて、ごちそうさまの後はいよいよ。
d0105133_19594424.jpg
映った映った〜!
みんな興奮しちゃって、ナレーション聞こえず。
巻き戻し巻き戻しっと。
d0105133_2023666.jpg
素敵なお部屋や素敵な朝食(の、ほんの一部)。
自分が誇らしいような気持ちになるのはなぜだ??
皆、それぞれにテレビ画面をカメラで撮りまくるという不思議な集まり。
だってなんだか嬉しくて、ねえ。

奈良倶楽部さん、おめでとうございます。
なんて言うのもおかしいかもしれないけれど、やっぱりおめでとうございます。
これまで以上に全国の方々に奈良倶楽部さんの魅力を知っていただけますように。
ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
d0105133_2082365.jpg
d0105133_2083387.jpg
盛りつけも美しいスイーツをいただきながら、後はなしくずしにガールズトークなど。
お腹いっぱいです。
ごちそうさまでした。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-25 20:33 | 奈良

氷室さんの桜

奈良の一番桜は、やっぱり毎年ここ。
d0105133_13512448.jpg
d0105133_13521850.jpg
d0105133_13594715.jpg
d0105133_1402275.jpg
d0105133_140287.jpg
d0105133_1405578.jpg
d0105133_1411419.jpg
今がちょうど見頃だと思います。
でも、明日からしばらく雨降りが続くのだとか。
よりによってなんで今?というタイミングで花散らしの雨が降るのが、春と桜のお約束。
それもまた仕方のないことですね。
花との出会いも一期一会。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-22 14:13 | 奈良

待望の「Sanpo magagine」!

先日の店番中に。
d0105133_18422482.jpg
わ〜い、ようやく届きました。
「Sanpo magagine 第4号」です。
充実の目次はこんな感じ。

contents
・巻頭カラー 懐かしく新しい喫茶店: 姉崎由美子 
・Sanpo Gallery: Rabotamo Tanaka
・田中啓文ロングインタビュー
「落語とジャズと焼酎の日々」
(聞き手・構成:南陀楼綾繁) 
★特集1 おいしい珈琲
・カフェ・ハル(神戸花隈)
・アメリカンはお好き?〜エスプレッソとアメリカンコーヒー、そして「甘い生活」〜 :山崎雄康 
・雨のなかコーヒー屋へ 深田ちひろ 
・『「珈琲鑑定士作」がぶのみカフェ・オ・レのもと』ができるまで 濱崎寛和 
・珈琲が繋ぐ旅のキオク 絵と文 aki  
・銀六珈琲『時・・』(東京・銀座)
・丙午(ひのえうま)珈琲 
◆Sanpo magazine古本部
古本ソムリエ氏と行く奈良古本修行散歩(ゲスト:古本徒然舎 廣瀬由布さん) 
○関西の一箱古本市「ひねもす古本市」,「大門玉手箱」
○Gallery Cave目録 
★特集2 京阪神・古本ニューフェース(ここ一年〜一年半にオープンした古本関連のお店、徹底特集)
Part.1  ・このはな文庫 ・時色 ・花月書房・ ON HE BOOKS Soramimibunco ・moshi moshi  ・コレクタブル・ブック・ストア ・古書とみたか
Part.2  ・三人の本棚・2匹のゾウ 
・「絵本をテーマに、過去と未来を散歩する」中嶋大介 
・町家古本はんのき / 1+1+1 木更津啓  ・古書善行堂 / 善行堂とわたし 中務秀子 
・KARAIMO BOOKS / 京都西陣から水俣を思う 伊東琴子 
ちょっと先輩 / エンゲルス・ガール  caramba 
・(ミステリ散歩) ディヴァインの比類なきミステリ世界 塚田よしと
・文学の雑感 絵と文 ミシシッピ  
・「往復書簡」 佐々木昌史 × 北村知之 
・(連載)古本ソムリエのジャズ・アット・ランダム 第四回 山本善行
・神戸ジャズ喫茶的読書案内 『JAM JAMにて』 みなみけいじ
・新世界ジャズ 矢木明  
・(MUSIC散歩)「ちんぷんかんぷん」に10の質問! 
・(本の散歩)『「SUMUS」13号  
・(映画雑談)「ターンレフト・ターンライト」 
・(EVENT RPORT)「とある二都物語 山上の蜘蛛、あるいはボン書店の幻」トークイベントにて 中務秀子 
・(ESSAY)京都郊外  一九四〇 — 一九五〇 緒琴道子 
 
ぎっしり!!ですね。
普通の雑誌よりひとまわり小さなサイズだというのに、この充実ぶり。
でもイラストも多くて読みやすいんですよ。
ほんの一部、ちらりとお見せいたしましょう。(いいんかな?)
d0105133_18493177.jpg
天井まで本の詰まった棚を見上げると誰でも思わず口があいてしまう、この店内風景。
どこの店か即座に分かったあなたはズバリ、相当の奈良古本屋通。
そうなんです。
智林堂なのであります。
昨年11月に古本ソムリエこと山本善行さんと、岐阜のインターネット古本屋徒然舎さんが古本修行に来られた際のルポ記事です。
奈良のどの古本屋で、何をいくらで買ったのか。
そんな詳細が逐一掲載されているのが、珍しくて、何より面白いです。
読者の一番知りたいところはそこですものね。
文章とイラストは大散歩通信社の西川さん。
別ページには私と店主のツーショットイラストも描いていただいたりなんかして。
写真よりも、ある意味照れるなあ。
d0105133_21323713.jpg
奈良の古本屋マップと一緒に。
恥ずかしいので小さく載せておこう。。。

詳細はどうぞ書店にてお手にとってご覧くださいまし。
残念ながら、奈良ではあつかっているところがないようです。
大阪・京都・神戸・東京の販売協力店のリストはコチラをどうぞ。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-20 19:39 | 智林堂にて

明日営業してます

木曜は智林堂定休日なのですが、明日18日は臨時営業いたします。
d0105133_14565055.jpg
理由は・・・春だから♪
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-17 15:02 | 智林堂にて

神さまのお酒

こういうお誘いをいただけるとは、ありがたいことです。
酒呑みでよかったな〜。

昨日おこなわれた春日大社の重要な祭事春日祭、そのお下がりのお酒。
関係者か、よっぽどのツテがなければ、なかなかお目にかかれるものではないらしいです。
もちろん非売品。
畏れ多くもほんの一杯、味見させていただいてまいりました。
d0105133_16325538.jpg
d0105133_16362852.jpg
お米のつぶつぶがまだかなり残っています。
見ため通り、どろりんとしてはいるのですが、意外とさわやかな味わい。
にごり酒にありがちなべたつく甘さが全然ないんです。
度数も高めの、美味し酒。

こんな貴重なお酒が持ち込まれてくる場所とは、もちろんこちら。
d0105133_16465110.jpg
ならまちの六歌仙ならぬ六酒仙な面々がつどう場所。
(十酒仙、いや十五酒仙ぐらいなら私も入っているかも?)
美味しいお酒はまずあそこへ持って行ってみんなで呑もう、そんな風に思う常連さんが多いというのは、酒仙堂ご店主さんのお人柄あってこそ。
素敵なお店ですね。

ちなみに決して居酒屋さんではなく、古本屋さんですので、念のため☆
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-14 17:05 | お酒

火の粉

d0105133_8304783.jpg
二月堂お水取りも満行まであと少し。
奈良の春は、もうすぐそこに。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-12 08:35 | 奈良

「今日は雨でもいい」

今日は雨でもいい。
それは山本善行さんの名言であります。

古本屋にとって雨降りは憂鬱なもの。
どうしても客足がにぶりますからね。
でも、自分自身の店は休業日で、しかも、今日は思いっきりよその古本屋をめぐるぞっと決めていた日なら。
そう、その日はむしろ雨でもいいのです。
お客さんが少なくて、ゆっくりじっくり見ることができるから。

というわけで。
古本ソムリエ、あるいは古本界のゴッドハンドこと山本善行さん、お友達とご一緒に、本日奈良の古本屋めぐりにいらっしゃいました。
(きりりんさん、はんのき中村さん、ありがとうございました!)
d0105133_21134230.jpg
いつもおしゃれな山本さん。
今日の靴は銀色のスニーカー。
かっこいい。

山本さんが棚から本を抜く、また戻す。あるいは手元に抱える。
その一連の動作を店番席から見るともなしに眺めるうち、私はある衝撃の事実を発見してしまったのでした。
なんと、まったく音がしないではないですか!
言葉で表すなら「(スッ・・)」でしょうか。
人によっては「ザッ」とか「ズリッ」とか「グシャ(←帯、破れたんちゃう?)」とか。
なにかしらの摩擦音はあって当然ですよね。
隙間なく本の並んだ棚から一冊を抜き出すのですから。
d0105133_21275510.jpg
横向けに積まれた本が上に乗っかってたって、問題なし。
うまく角度をつけて「(スッ・・)」。
思わず見とれてしまう、なんとも優雅な手つき。
文字通り、優しくて、雅び。
大事に大事にあつかってくださっているのが、よ〜くわかるのです。
本のほうでも山本さんに選ばれるのを待っているような気がする。
そうか、古本を愛する山本さんは古本にも愛されているんだな。
相思相愛。
道理で、レジに運ばれてきた本たちは、どこか誇らしげなのでした。

私もあんな風に本を慈しむことができる人でありたい。
希有な、素敵な光景を見せていただきました。

そう、そんな今日は、雨でもいい。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-03-09 22:18 | 智林堂にて