古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨の花寺へ

矢田寺まではなかなか行く機会がないけれど、せっかくのこの季節。
紫陽花を見ておきたくて、ごく近場の般若寺へ。
秋のコスモスで有名なお寺ですが、それだけじゃなくて山吹や水仙、牡丹などなど四季折々の花が楽しめるそうです。
紫陽花もあるのよ、と教えてくださったのは奈良倶楽部さん
ご自身で出かけて確かめられているので、いつも正確でタイムリーな奈良情報を提供してくださいます。
d0105133_17527.jpg
小雨ぱらつく曇り空。
紫陽花がいきいきして見えるから、ちょうど良かった。
d0105133_1752311.jpg
d0105133_1754142.jpg
d0105133_176438.jpg
d0105133_177336.jpg
そして早咲きコスモスも見頃。
d0105133_1791140.jpg
d0105133_1792532.jpg
秋のコスモスと種類が違うわけではなくて、同じものを時期をずらして植えるのだそうです。
秋咲きほどまだ知られていないので観光客がそう多くなく、ゆっくり見られます。

ところで、たまたま、私は般若寺の重大な秘密を目撃してしまったので、こっそりお教えいたしましょう。
花に誘われ奥へ奥へと迷い込んでゆくと・・
d0105133_1713485.jpg
ナイショの扉が半分開いていて・・
d0105133_17142775.jpg
中にはズラリと!
コスモスの苗、ただいま育成中〜。
歴史ある「花の寺」の裏ではこういう苦労をされてたんですね。
ちなみに公式HPにはこの苗床写真もフツーに公開されているので、実は秘密でもなんでもなかったみたい。

ま、そんなことはともかく。
静かないいお寺ですので、花好きなかたはぜひ。
d0105133_1911225.jpg
きたまち散策マップもいただけます。
同じ道沿いには植村牧場や、翁舞と千年クスノキで有名な奈良豆比古神社もあり、のんびり歩いて散策すると楽しいところ。
大賑わいの東大寺周辺とは、またひとあじ違った奈良を感じられる界隈だと思います。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-23 17:36 | 奈良

ありがとう

このところ気力体力ともにやや低迷中だった私を心配して、今日は友人たちが智林堂へ様子を見にきてくれました。
それぞれに心づくしの美しいお守りまでたずさえて。
お守りそれ自体も嬉しいけれど、私のためにと思ってくれたその気持ちが何より嬉しい。
ありがとう。
今日いただいた優しさは、胸のなかで大事に育てて、私もいつか誰かのためにわけてあげられますように。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-22 21:13 |

本年の鹿害報告

しかしまあなんですな。
ひと雨ごとに緑の濃くなるこの時期。
家庭菜園などをされる皆さまには、日に日に育つ野菜たちがまるで我が子のように愛おしいものでありましょう。
うらやましゅうございます。
我が家の庭は、ただいま丸坊主でございます。
今年の鹿は、大変、非常に、どあつかましいのでございます。

金魚鉢の水草が一夜にして根こそぎ無くなったのを皮切りに、今までは決して手を出さなかったところにまで進出してきまして。
ハーブ類は口にしないという暗黙の了解があったはずなのに、
d0105133_1941299.jpg
ミント、ぶちっ。

ハーブかどうかはともかく、おいしくはなかろうドクダミまで、
d0105133_19423024.jpg
ぶっちぶち。

野菜類はもちろんのこと、
d0105133_1947163.jpg
d0105133_19473126.jpg
ズッキーニもプチトマトも無惨な姿に。
多少でも遠慮というものをした気配がまったく感じられないのがまた腹のたつ。
ナメられてんのかしら。

しかし一番ナメられたのは・・
d0105133_19511445.jpg
君だ!
これだけ近い距離でむしゃむしゃやられて、一声も出さなかったというのはどういうことだ!
たぶん怖くて、見て見ぬふりをしたに違いない。
小鳥やカエルにはえらそうに吠えるくせにね〜。
d0105133_1954746.jpg
           しょんぼり。。。

しまいに家の中にまで入ってこられたらどうしよう??
d0105133_19562287.jpg
君はさらに頼りにならないもんね。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-17 18:13 | 我が家

どっち??

いや〜、久々にやられました。
ちょっと懐かしかったりもして。
昔はよく言われたっけなあ。

今日の店番、自転車じゃなくて車で行ったのです。
いつものところが満車だったので、初めての駐車場へ。
つつがなく店番を終え、駐車場へ戻り窓口のおっちゃんにお金を払おうとしたならば、
「600円や、兄ちゃん!」
そして横にいた奥さんが追い打ち、
「いやアンタ、兄ちゃんちゃうで姉ちゃんやろ。え?ちゃうやろか?」
・・・奥さん、その曖昧なフォローはむしろいらなかったな。

大学時代はしょちゅう間違われてたんです。
今でも忘れられない間違われっぷりベスト3。
 
・学食でご飯のサイズがSSからLLまであって、「一番小さいの」と注文したら「兄ちゃん、男のくせに少ないな!」と言われた
 ・夜に友達と路上で立ち話していたら、ふらふらと近寄ってきた酔っぱらいに「なんや男がスカートはいとると思ったら女か」と言われた
 ・山岳部の先輩に連れられてスポーツクラブへ行ったら、フロントで渡されたロッカーのキーが青色で、奥へ進んでみれば女性更衣室のロッカーはピンク色で、合う番号がなかった

そんなのが日常茶飯事でしてね。
思い込まれてる時は私ももうあえて否定しないし。
慣れっこ。
だから今さら「兄ちゃん」ぐらいショックでも何でもないけど、ぜぇんぜん気にしてないけど、とりあえずあの駐車場には二度と停めないぞ、と。

そうそう、そういえば私の母も数年前、スーパーで買い物してたら通りすがりのおばあさんに「あんさん男でっか女でっか」と言われたらしい。
遺伝でしたか。。。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-11 22:54 | 智林堂にて

たいへん長らく

お待たせをいたしました!
智林堂、本日より営業再開いたしました。
無事帰ったとの電話やメールがあるわけでもなく、ちょっと心配だったので昼過ぎに偵察しに行ったらちゃんと開いてました。
てっきり昨日の夜にでも帰国して今日からということだと思っていたら、今朝関空へ着いてその足で店を開けたんだそうな。
うむ、なかなか根性あるやないですか。
店主たるものそうでなくっちゃね。

「お土産あるで」と言われて、そんなつもりで顔を出したわけではなかったんだけど。
ありがたくいただきましょう。
d0105133_20144574.jpg
チョコ菓子(たぶん)と、またまたかなり甘〜い香りが漂いまくっている紅茶(たぶん)。
d0105133_2015584.jpg
そしてこれはワインかな?
ワインでしょうね??
ひとことも解読できないもので。
何ものかわからない液体を口にふくむのはちょっと勇気がいるな。
d0105133_2018338.jpg
異国の香りがするかい。

ウクライナ旅の模様は店主ブログにて順次アップされますので、そちらもどうぞお楽しみに。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-06-09 20:29 | 智林堂にて