古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

明日から8月ですね。
またしばらく真夏日が続きそう。
我が家にはエアコンがないのですが(信じられ〜ん!!という声多数)、山の近くなのでなんとかしのいでおります。
それでも暑くてたまらない日はどうするか?
では先生、お手本をお願いします。
d0105133_21394064.jpg
「朝と夕方は北側の窓ぎわがベストなのよ。」
d0105133_21414156.jpg
「お昼はずっとパソコン机のかげでごろごろ。」
d0105133_21431995.jpg
「たたみ、最高〜・・・zzzzz・・・・・」

真似っこしてそばで寝ころんでみれば、ちょうど風の通り道になっていて涼しいこと。
扇風機のように一定ではないから、時折さ〜っと吹いてきた時のありがたみを身体全体で享受する感じ。
d0105133_21523161.jpg
「ちなみに屋外では、土を掘ってもぐるとひんやりします。」

それはちょっと遠慮しておきます。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-31 21:54 | 我が家

古本きんどう市応援隊

皆さま、週末のご予定はもうお決まりでしょうか。
いいイベントありますよ〜。
お友達の古本屋さんこのはな文庫さんが、明日7/23(金)24(土)&7/30(金)31(土)の4日間、古本市を催されます。

題して『古本きんどう市』!
d0105133_14352855.jpg
残念ながら私は4日間とも伺えそうになく、せめてこうしたお知らせでほんのぽっちりだけでもお力になれましたら。。。
このはな文庫さん、今頃は準備でお忙しくされているんだろうな。
でもきっとワクワクと明日を楽しみになさっていることでしょう。
心よりご盛況をお祈り申し上げております。

先日初めてお店へお邪魔させていただいた際のルポは今年の3月末から4月にかけてありますので、よろしければご参考に。
最寄り駅など、もっともっと詳しいことはこちらを。
このはな文庫さんのある「船場ビルディング」は「船場センタービル」とはまったくの別物ですのでお間違えなく☆
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-22 14:57 | 京都・大阪

心の行基さん

d0105133_21402723.jpg
近鉄奈良駅あたりで待ち合わせるとしたら。
当然「行基さんとこ」ですよね。
駅前広場の、行基菩薩の噴水。
私が物心ついたころにはもうそこにあって、友人と、恋人と、家族と、今までにどのくらい待ち合わせしたことでしょう。
寺社仏閣などとはまた別の意味で、奈良っこの心のスポットなんじゃないかと思うのです。
d0105133_21405771.jpg

そんな行基さんにガラスの屋根ですと??
寝耳に水のニュースです。
来年秋に完成?
1億7千万かけて?
それっていつ誰が決めたんですか。いつ誰が望んだんでしょう。

乱暴なことを言ってしまえば、雨の日は雨の日で多少濡れたっていいじゃないですか。
人を待つあいだ濡れたくないなら、横の駅ビルに入ってりゃそれこそガラス張りなんだから待ち人が来ればすぐわかります。
電車を降りてから東向き商店街まで濡れずに行ければ便利かもしれないけれど、それだけのためにその工事、その工費。
なんか違う。違う気がする。
他にもっと使うべきところがあるでしょうに。

変化を嫌うのが奈良人の悪いところだと言われたことがあります。
そうかもしれない。
でも変わってゆくことがすべて良いこととは限りませんよね。
奈良駅前の景観はすでにかなりおかしいことになっているんだから、これ以上いじってほしくはないなあ。
何より、県民にひろく知らせることもなくいつの間にか勝手に決められていた、ということが一番納得いきませんしね。
d0105133_21414324.jpg
しばらく身辺が騒がしくなりそうでお気の毒な行基さん。
祈りをこめて静かに見つめていらっしゃる先にあるのは、東大寺です。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-16 20:29 | 奈良

ラッキーの落とし物

初めにお断りしておきますと、本日はやや汚話ネタであります。
店を開けようとすると、シャッターの前に何か落ちていたわけです。
まさか、と思いましたが。
本当はひと目でそれが何かわかってました。
家でも毎日見慣れてますから。
小さいビニール袋に茶色いブツが入っていて、キュッと結んである、あれです。
犬の散歩の時に・・ってこれ以上くわしく言わなくていいですね、すみません。
ブツそのものを放置されるよりはそりゃいいですよ。
でも、ビニールに入れるとこまでしておいてですよ、なぜそれをポイと置いていくのか。
その心理がまったくわからん。。。

そういえばついでに思い出した。
だいぶ以前に、女性が店につかつかと入ってきて「このゴミ捨てておいてもらえませんか?」と押し付けられたこともあったっけ。
あっけにとられてつい受取ってしまったそのビニール袋の中身は、ぎっしりとタバコの吸い殻。
本を買うでもなく平然と去っていったあの人は、もうそんなことも覚えていないのだろうけど。

どちらにしても、その個人的なゴミをですね、全然関係のない他人が後始末しなければならないということに考えが及ばないんでしょうね。
想像力がなさすぎますね。
ポイ捨てをする人はみんなそうだと思います。
珍しくちょっと怒ってますよ、私は。

しかし、そんな感じで始まった本日。
大雨という古本屋泣かせの天気にもかかわらず、なぜかいいお値段の本がぽんぽんぽんと順調に売れたりして。

えっと。
最後にお約束のオヤジギャグでしめてもよろしいでしょうか。
こりゃ、ウ○がついたかな♪
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-13 20:36 | 智林堂にて

スクープ??

まゆげ犬だの、まゆげコアラだの。
見かけたらラッキーだとか。そうですか。。。

それではですね。
d0105133_8361663.jpg
彼女もお仲間に入れていただきたいのですが、いかがでしょう。
d0105133_8375341.jpg
奈良のまゆげ鹿。
めったに見られませんよ☆
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-08 08:41 | 奈良

聞き間違い3連発

なんとなくずるずるとブログの更新をサボってしまいまして、いつの間にやら2週間もあいてしまいました。
病気でも何でもなくて元気にしてますし、店番もいつも通りこなしております。
ご心配をおかけしてすみませんでした。

さて昨日の店番でもいろいろありましてね。
まず開店直前に店主から電話。
「今日の取り置きは『ドイツ語新辞典』をよろしく」
「へいへい」と適当に返事。
オークションやら何やらの別枠で売約済みとなった場合、店に置いたままにしてはいけないのでよけておくわけです。
万一、二重に売れたりしてはえらいこっちゃなので、これもまた開店前の大事な仕事。
では辞典コーナーを隅から隅まで探して・・・ないぞ、そんな本。
だいたい「新辞典」ってなんだかあんまり無いようなネーミング。
探すのをあきらめて(←早い)、とりあえず開店して、ふとレジ横の棚を見上げて、あっもしかして。
d0105133_20561741.jpg
『ドイツ語詩韻辞典』かあ。
「しんじてん」「しいんじてん」。なるほど。
d0105133_2103939.jpg
中身をちらりと拝見。全ページがこんな感じ。
う〜ん、私にはまったく意味がわからないけれど、この本を切実に必要としている人もいるんだな。
ドイツ詩の研究者、それともドイツ語で詩を書かれるかたとか。
お買い上げありがとうございました。

そしてこの日はこんなことの連発。
「ライフマガジンという雑誌のバックナンバーあります?」とお客さま。
ライフマガジン・・いかにもありそうな名前だけど知らないな。
それはちょっと置いてないですね、とお答えすると
「じゃあ他に闘犬の写真集とかは?」
闘犬の写真集・・そんな本がこの世にはあるんかしらと思い、この時点でやっと気がついた。
「ライフマガジン」×→「ナイフマガジン」◯
「闘犬」×→「刀剣」◯
刀剣関係ならいくつかありますとも。
ふ〜危なかった。
ライフマガジン、知らないや、と思った時に知ったかぶりをしないでちゃんと尋ねるべきでした。

そういや前にもこんな聞き間違いがあったっけと過去ブログをチェックしてみたら、ちょうど3年前に。
3年たっても、ちっとも成長してまへんナ。
[PR]
by nara-chirindo | 2010-07-06 20:55 | 智林堂にて