古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

底冷えしました

寒〜い一日でしたね。
うっかり手袋をせずに自転車に乗ったら、寒風が身にしみて芯まで冷えました。

さて、久しぶりの店番です。
「◯◯の××という本はありますか?」
「はい、こちらです」
「やっと見つかった!ずっと探してたんです!!」
となると古本屋冥利につきるというものですが、今日はなかなかそう
うまくはいかないことが多かったです。
金魚飼育の専門書、織物の本、有島武郎の童話などなどお探しだった
お客様、お役にたてず申し訳ないです。
棚は日々動いてますから、またのぞいてみてくださいね。
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-25 19:35 | 智林堂にて
今日は店主代理のおすすめ本を紹介します。
店主の西洋史に対し、私はコテコテの和物でいきます。
古い和本って、なにかこうロマンを感じると言うとおおげさでしょうか。
百年も前に、この本を実際手に取った人がいて、物を思っていたのだなあと考えると・・。
縁あって今は私の手元に居るこの本、また縁あるどなたかのもとで大切にされますように。
d0105133_1216411.jpg


『普通女用文姫鑑』
   明治20年  ¥1500  扉及最終頁欠
 
 いわば女性のための礼儀ハウツー物です。主に手紙の書き方、客人の
 もてなし方、料理裁縫の基礎などなど。
 「納涼(すずみ)を誘ふ文」「虫聴(むしきく)に招く文」なんて風情 がありますね。下の写真の絵は「茶を進むる図」です。
 店主によると、この手の本はわりと部数も多く希少性はあまりないそう ですのであしからず。。。
d0105133_1650369.jpg

[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-24 17:02 | 店主代理おすすめの一冊
最近智林堂の話題から脱線しつつありましたね。
ちょっと反省しまして、今日は西洋史の泉第2回です。
西洋史の泉とは?? →2月20日のブログをごらんくださいまし。
d0105133_21241654.jpg

『英国議会による囲い込み』(英)
  M-Turner著  1980年   ¥4000
 
 産業革命当時、英国で進められた農地改革「囲い込み」運動について、 豊富なデータをもとに分析。
 カバーの絵は17世紀のノッティンガム州の農村風景。
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-23 21:32 | 店主おすすめの一冊/西洋史篇

図書館中毒

私はほぼ一日に一冊のペースで本を読むので、全部買っていたのではえらいことになります。
そこで図書館の出番です!図書館はいいですねえ。
小学校高学年から通い始めてはや◯十年、何千冊と借りた計算になりますが、いまだに行くたび借りたい本が見つかるのですから本当に頼もしい存在です。好みの本は、なんとなく背表紙が呼びかけてくるんですよ。当たり外れもありますが。。。
計算がくるって、読む本がもう手元にないのに休館日にあたっちゃった時なんて、すごくこころもとないような気分になります。これってもはや図書館中毒・・ですか?
そんなわけで、次回から図書館本の感想なども時々書いていきたいと思います。
あくまで私の好みによる選本ですので、独断と偏見にみちみちていることをご了承くださいね!
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-22 20:45 | 本日の図書館本

梅鹿情報

最近、昼間は本当に暖かい日が続きますね。
今日は奈良公園の梅林の様子を見にいってきました。
木によって咲き具合はまちまちですが、平均して六〜七分咲きぐらいでしょうか。
個人的には、どピンクや真っ赤よりもはんなりした色の花が好きです。
ひとつひとつはほとんど白なのに、木全体を遠くから眺めるとうっすらピンク色、という感じ。
d0105133_21133748.jpg

帰り道、鹿が集団でひなたぼっこしていました。
全員で一斉に振り返られるとちょっと怖い。。。

d0105133_21195721.jpg

[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-21 21:30 | 自然
西洋史の泉とは??
「西洋史の智林堂」といわれる当店店主が、今や他では入手困難な西洋史分野の原書を中心に紹介するコーナーです。
在庫はすべて一点限りですので早めにお求めください。
d0105133_1083544.jpg

『アウグスブルクのフッゲライ』(独)
     ー15〜16世紀間の社会的施設建築様式の発展の研究
   M-Tietz-Strodel 著   1982年   ¥5000
  
  南ドイツの豪商フッガー家のヤコブ二世による救民施設、フッゲライ  についての詳細資料。
  図版写真多数入。当時の建築資料としても価値大。
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-20 10:28 | 店主おすすめの一冊/西洋史篇

店番のこころ

私は週に2〜3日、店主奥さんが週に1日ほど店番を担当しますが、智林堂に座っているのはほとんどの場合店主です。
私は店番大好きなのでもっと座りたいんですけどね。
店番をしていて思うのは、「意外と本好きな人って多いもんだな〜」ってことです。
私はもちろん子供の頃から「趣味は読書ひとすじ!」でしたが、たとえば自己紹介の時にそういうことを言うと、あの子ちょっと変わってるという評価はまぬがれえなかったわけです。
肩身が狭いというか、あまり人に言っちゃいけないことなのか??なんて悩んだこともあったものですから、真性の本好きというのはごく少数派だと思っていたのですね。
それがまあ!
「おっ古本屋さん発見」てな感じで嬉しそうに入ってきて、棚のすみからすみまでじ〜っくり眺めて楽しんでくださるお客さんの多いことおおいこと!!
こちらからむやみに話しかけたりはしませんが、内心では握手を求めたいぐらいです。
みなさん、ありがとう!
おかげさまで、もう堂々と読書好き宣言できるようになりました♪
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-19 09:22 | 智林堂にて

はじめまして

早いもので智林堂書店が奈良の地にオープンして1年と少し。
ここらでちょっと目先を変えて、ブログを始めてみることにしました。
レアな在庫の紹介や本にまつわる話題を中心に、時には思いっきり
脱線しながらも、智林堂の日々を綴ります。
ちなみに当店店主はとってもシャイでして「そんなんようやらんわ〜」
とのことですので、私、店主代理が担当してます。
みなさま、どうぞよろしく!!
[PR]
# by nara-chirindo | 2007-02-18 17:19 | 智林堂にて