古都奈良の古本屋 智林堂書店のブログです。店主代理が綴る、本と人との一期一会な日々♪      近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、もちいどの商店街内。不定休。11時から18時半頃。0742-24-2544


by nara-chirindo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

古本者のつどう京都 その4

連夜お送りしてまいりました京都下鴨神社古本祭り編。
今日で最後。
総括でございます。

岡崎武志さんに「そんな荷物もってる女の人、普通いないよ」と言われながらも根性で奈良まで持ち帰った大量の本。
10キロ以上ありました。。。
会場でクロネコの宅配受付もしていたけれど、1000円前後かかりますから。
そのお金で何冊買える?と思っちゃうと、ねえ。

ではではその内容をご披露。
d0105133_20543892.jpg
ほとんど奈良本です。
d0105133_20551344.jpg
これ、ちょっといいんじゃないかと思ったんです。
飯島幡司「青衣女人」昭和17年。
d0105133_2058185.jpg
あと、大正の頃の写真雑誌ですとか。

ま、今日店主に見せたところ、悪くはないけど飛び抜けて良くもない、というような反応でした。
自分が一番わかってますよう。
でも全然買えなかった2年前からくらべれば少しは進歩。
勉強勉強、と。

そして昨日には店主も下鴨へ参戦してきまして。
私に輪をかけた大量買い。
さすがに持っては帰れず、ダンボールひと箱、本日どかんと届きました。
d0105133_2172030.jpg
志賀直哉が200円であったとは。
気付かなかったな〜。
d0105133_2173735.jpg
これは店主のカンでさっと抜いたのだとか。
ジョルジュ・サンド「薔薇色の雲」。
中にこんなものまではさまっていたりして。
d0105133_21114512.jpg
昭和27年の少女愛読者新聞ですってよ。
これだけでも売れそう。
d0105133_21131542.jpg
これはかわいい!
d0105133_21132713.jpg
中には戦前奈良絵はがきが15枚。
なんでこんなもの見逃したかなあ。
やっぱりまだまだですわね。
他にもあれこれ、50冊以上。
すべてきれいにお手入れしてから智林堂に並びますので、しばしお待ちくださいませ。

下鴨納涼古本まつりは8/16(日)までやってますので、興味のおありのかたはぜひぜひ。
午前10時〜午後6時。最終日は午後4時まで。
古本市はあまり好きじゃないと常々言っていた店主、でも行ってみればけっこう楽しかったらしいですよ。
あれだけの店舗が一同に揃うのも、思い切った処分値で放出されるのも、市ならではですし。
独特の熱気も中に入ってみれば心地よいし。
私もようやく面白さがわかりかけてきたところ。
この情熱が醒めないうちに、さあ次は秋の百万遍知恩寺だ!
楽しみです♪
[PR]
by nara-chirindo | 2009-08-14 22:04 | 京都・大阪